NEW

凱旋門賞“大本命回避”でタイトルホルダーが大ピンチ!?

【この記事のキーワード】, ,
凱旋門賞大本命回避でタイトルホルダーが大ピンチ!?の画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 2か月後に迫ったヨーロッパの芝・最強馬決定戦、凱旋門賞(仏G1、10月2日)。今年は現時点で4頭の日本馬が出走を予定しており、例年以上の注目を集めている。

 そんななか、日本馬の陣営にとっては追い風となりそうなニュースが飛び込んできた。

 3戦無敗の英国ダービー馬デザートクラウンが凱旋門賞を回避し、年内を休養にあてる見込みであると、複数の海外競馬メディアが報じたのだ。

 主要ブックメーカーの多くでやや抜けた1番人気(暫定)に支持されていた“大本命”だっただけに残念なニュースではある。これにより、悲願を目指す日本馬にとってはチャンスが増大したと捉えられるだろう。

タイトルホルダーが大ピンチ!?

 そして、デザートクラウンに代わって1番人気に躍り出たのが、他でもないタイトルホルダー(牡4歳、美浦・栗田徹厩舎)である。

 1日現在、英国の大手ブックメーカーの一つ、『ウィリアムヒル』はタイトルホルダーの単勝オッズを6倍に設定。これは連覇を狙うトルカータータッソなどの8倍を抑えて堂々の単独1番人気である。

 同じく英国の大手ブックメーカー『bet365』は、タイトルホルダーとフランスダービー馬のヴァデニを7倍で1番人気に設定している。ただし、ヴァデニは2000mの中距離路線に矛先を向ける可能性が高いともいわれており、ここでも実質タイトルホルダーが単独1番人気ということになる。

 大本命馬の回避のニュースとともに、俄然注目度が高まりそうなタイトルホルダーだが、もし本番でも1番人気に推されるようなら、G1では自身初となる。

「意外ですよね。これまで新馬戦、セントライト記念(G2)、日経賞(G2)と3度、1番人気に支持されていますが、G1では2番人気が最高でした。まだレースまで2か月あるので、オッズは変動する可能性がありますが、直行が濃厚ですし、3連勝の勢いも買われて、このままタイトルホルダーが1番人気のままになるんじゃないですかね」(競馬誌ライター)

 本番では逃げる可能性が高いとされるタイトルホルダー。もし最終的に1番人気で本番を迎えることになれば、あの競馬の格言が気になるところだ。

凱旋門賞“大本命回避”でタイトルホルダーが大ピンチ!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合