NEW

海外も注目?大井の怪物候補がダリア賞に殴り込み!

【この記事のキーワード】, ,

海外も注目?大井の怪物候補がダリア賞に殴り込み!の画像1

 6日に新潟競馬場で行われる2歳限定戦・ダリア賞(OP)。JRA認定競走に勝利した地方馬も出走が可能となるこのレースに、大井から参戦を表明したのがシテイタイケツ(牡2歳、大井・上杉昌宏厩舎)だ。

 同馬は6月27日に大井競馬場で行われたダート1400mの新馬戦において、2着に4馬身差をつける快勝。しかし、その結果以上にレースの内容は衝撃的なものだった。

 2番枠からスタートは五分に出るも、外の馬たちに挟まれるように馬群に入ると、キックバックを嫌がったのか突然の暴走。鞍上の矢野貴之騎手が思わず馬上で尻もちをつくほど頭を高く上げ、そのまま勢いを失ってしまう。

 その後も顔を上げたままで走り続けたが、ハイペースで競り合う先団との差は開いて行く一方。3コーナーに差し掛かるあたりでは約20馬身もの差がついていた。

 制御に四苦八苦していた矢野騎手もどうにか馬を促し、4コーナーでは鞭を入れて追い上げようと試みるも、今度はその鞭に過剰な反応を見せ、逸走するかのような勢いで外へ。直線に入り、前で粘り込みを図る2頭のマッチレースにカメラが寄ると、黒い帽子は完全に画角の外へと消えた。

 ところが、もう一度カメラが引きの画に戻ると、最後方の大外からものすごい勢いで伸びてくる黒い影が。あっという間に前を行く5頭をごぼう抜きにすると、ゴール板前では手綱を緩める余裕も。上がり2位が40秒5だったのに対し、37秒4という異次元の脚ですべてを飲み込んでしまった。

 このレースぶりは大きな話題となり、東京シティ競馬の公式Twitterが投稿したレース映像のツイートは3日現在で30万件に迫る再生数を記録。さらに3600件を超えるリツイートと、7100件を超える「いいね」がついている。

 また、この反響は海を超え、アジア・オセアニアの競馬情報を発信するウェブメディア『ASIAN RACING REPORT.com』でもニュースとして取り上げられるまでになった。

「日本の2歳新馬・シテイタイケツが“ありえない”ポジションから勝利」と題し、とにかく動画を見て欲しいと興奮気味に紹介。日本だけでなく、“世界的にバズった新馬”として一躍脚光を浴びた。

大井の怪物候補がダリア賞に殴り込み!

 そんな大注目の若駒がキャリア2戦目に選んだのが、JRAの芝の舞台だった。

 当然ながら未知の領域となるが、初戦では砂を被ってヒートアップする一面を見せているだけに、その懸念がなくなるというのは前向きに捉えていいポイントだろう。そのようなチグハグなレースでも上がり37秒4の豪脚を繰り出すことができるのだから、芝替りはむしろ楽しみの方が大きい。

海外も注目?大井の怪物候補がダリア賞に殴り込み!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合