NEW

皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞を勝ったのは?

【この記事のキーワード】, ,
皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞を勝ったのは?の画像1
ジオグリフ

 皐月賞馬ジオグリフと同2着イクイノックスは、揃って天皇賞・秋(G1)へ。またダービー馬ドウデュースがフランスの凱旋門賞(G1)へ向かうことが決まっていることもあって、秋の菊花賞(G1)は主役不在の大混戦が予想される。

 思い返せば、昨年の牡馬クラシックも似たような感じだった。

 昨年の皐月賞馬エフフォーリアは、ダービー2着の後に天皇賞・秋へ。またダービー馬シャフリヤールは神戸新聞杯(G2)4着後にジャパンC(G1)へ挑戦したように、近年は春2冠馬でもない限りクラシックホースが菊花賞に向かわないケースも珍しくない。

 そんななか、過去同じように皐月賞馬とダービー馬が揃って不在だった菊花賞はどのような傾向にあるのか、気になる方もいるのではないだろうか。一足早いが、今回はその傾向を探っていきたい。

 過去20年を振り返ると、昨年を含め7回が該当する。結果は以下の通りである。

■皐月賞馬、ダービー馬不在時の菊花賞優勝馬(過去20年)

2021年 タイトルホルダー(4番人気)
2019年 ワールドプレミア(3番人気)
2015年 キタサンブラック(5番人気)
2013年 エピファネイア(1番人気)
2010年 ビッグウィーク(7番人気)
2008年 オウケンブルースリ(1番人気)
2004年 デルタブルース(8番人気)

 勝ち馬の傾向をみると、春2冠でいずれも2着のエピファネイア、皐月賞3着のキタサンブラック、同レース2着のタイトルホルダーなど春2冠で惜しくも敗れた馬たちが最後の一冠を掴んでいるパターンがまず一つ。

 また別のパターンであれば、春の2冠は未出走だったオウケンブルースリ、ビッグウィーク、ワールドプレミアらが神戸新聞杯で出走権を掴み本番も勝利。条件戦を勝ち上がったデルタブルースのような夏の上がり馬にも注意が必要だろう。

皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞を勝ったのは?の画像2
アスクビクターモア

 今年は春2冠で2着以内に入った冒頭の3頭に当てはまるタイプがいずれも出走しないため、皐月賞5着、ダービー3着のアスクビクターモアが出走してくるようなら現時点で実績的には一枚上か。ただ、本番で1番人気になるようなら疑ってみるのもありかもしれない。

皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞を勝ったのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合