NEW

福永祐一「大幅割引」のホウオウルーレットに疑問符

福永祐一「大幅割引」のホウオウルーレットに疑問符の画像1

 今週末の日曜新潟メインはレパードS(G3)が開催される。

 同じ3歳馬のダート重賞でも、後のG1馬が複数誕生しているユニコーンS(G3)に比べると、開催時期がジャパンダートダービー(G1)に近いレパードSはメンバーが手薄になりやすい。

 過去10年の出走馬を振り返っても、後にダートのG1を制したのは2012年ホッコータルマエ、16年の2着ケイティブレイブくらいである。

 ただ、今年のメンバーは例年に比べて好メンバーが揃った。『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズによると、タイセイドレフォン、ハピ、ホウオウルーレットの3頭が一桁台で上位人気を形成。4番人気以下の馬は大きく差が開いた格好だ。

 下馬評的にも3強対決と見られているだけに、この3頭の中から勝ち馬が出る可能性も高そうである。

 その一方、人気の抜けている3頭にも弱点がない訳ではない。

 川田将雅騎手のタイセイドレフォンは、前走の弥冨特別(2勝クラス)を8馬身差で楽勝したものの、2走前の鳳雛S(L)では、出遅れて後方からの競馬となった藤岡佑介騎手のハピに並ぶ間もなく交わされて2着。そのハピも前走のジャパンダートダービーで2番人気に支持されたが、先行勢を捕まえられずに馬券圏外の4着に沈んだ。

ホウオウルーレットに疑問符

 直接対決した2頭に対し、ホウオウルーレットもまた不安を抱えている。デビューから2戦をどちらも2着に1秒以上の大差をつける圧勝で挑んだ伏竜S(OP)を5着に敗れ、それまでの逃げ先行から後方待機にモデルチェンジ。青竜S(OP)こそ2着に惜敗したが、前走のいわき特別(2勝クラス)で5馬身差の快勝を演じた。

 血統的にもダートG1で現役最強クラスの実力を誇るオメガパフュームの半弟にあたる良血も魅力。今回、福永祐一騎手を新たな鞍上として起用したことからも、陣営の勝負度合いが伝わってくる。

 ところが、鞍上強化に思えるこの乗り替わりは、ホウオウルーレット陣営にとって、プラスとはならない可能性もあることに触れておきたい。

福永祐一「大幅割引」のホウオウルーレットに疑問符のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合