NEW

シマ全体が一斉にAT抽選!? ファンの度肝を抜く画期的機能を搭載【パチスロ4号機・爆裂AT時代】

【この記事のキーワード】,

シマ全体が一斉にAT抽選!? ファンの度肝を抜く画期的機能を搭載【パチスロ4号機・爆裂AT時代】の画像1

一定時間でATを抽選!?

 京楽産業.の『ぱちんこAKB48』シリーズで一躍脚光を浴びたリアルタイムクロック(RTC)機能。機械内部にセットされた時計で一定時間が経過するとシマ一斉にライブ映像が映し出される仕組みで、そのインパクトある演出には多くのファンが度肝を抜かれたものだが、4号機時代の2002年には、これと同様のシステムを初採用してファンを驚愕させたマシンがあることをご存じだろうか。しかも、そのマシンは20分おきにシマ一斉に特殊演出が発生し、当選時はなんとプレミアムATへ突入するのである。

 アリストクラートテクノロジーズの新規参入パチスロ第3弾として登場した『ダブルフェイス2』は、ビッグと1G純増約6.0枚のAT機能を搭載。ATは「スターラッシュ(SR)」と「ウルトラスターラッシュ(USR)」の2種類で、SRは1セット20G、約120枚のコインを獲得できる。

 SR突入抽選はビッグ終了時及び通常時の純ハズレ成立時に行われ、純ハズレには強弱2種類が存在。当然、強ハズレ成立時の方がSR期待度は高く、契機を問わず初当り1回で最大「40」連チャンが見込める。

 一方のUSRは20分に1回訪れる「ハプニングチャンス」を契機に突入。このハプニングチャンスは通常時、ビッグ中、SR中といかなる場面でも発生し、シマ一斉に「ピー!!ピー!!ピー!!」と警告音が鳴り響くのである。

 首尾よくUSRを射止めたら、以降の継続ゲーム数は不定。最低で数十ゲーム、最長で800G以上続いたケースもあるそうで、そのいつまで続くか分からないドキドキ感は、まさしくプレミアム級と言えた。

空き台を巡って争奪戦も?

 20分おきにシマ一斉抽選、表面上はそう見えるものの、内部的にはビッグ中のJACゲーム以外、全てのゲームでUSR抽選が行われており、当選時は強制的にハプニングチャンスまで潜伏する流れ。当選率は設定で変化し、継続ゲーム数は「20分間に回したゲーム数」と「0.125~4の中から選ばれた数値」を掛けた数値となる。

 ただし、継続ゲーム数が20G以下だった場合は無条件で切り捨て。即ち、USRには突入しない。
 
 そんな仕様が故に、ヤメ時はハプニングチャンス終了後がベスト。稀に空き台がUSRに当選することもあり、争奪戦へ発展することもあった。

 なお、本機のビッグはリプレイハズシが有効で、1&2回目の小役ゲーム及び残り9Gまでは、まず中リール枠内に赤7絵柄を狙い、中段土星絵柄停止時は右リールフリー打ちの後、左リールにチェリー上の赤7絵柄を目押しして土星とチェリーを同時フォロー。中段にリプレイが停止した場合はJAC入賞の可能性があるので、右リールに赤7絵柄付近、左リール中段or下段に黒7絵柄を目押しすればハズシ完了となる。

 これを駆使すれば、小役目押しの平均366.0枚を大きく上回る平均386.3枚の獲得が可能だ。

(文=編集部.)

【注目記事】
パチンコ「P機の限界」を突破した猛爆システム! ライトミドル屈指の破壊力に熱視線 
パチスロ『ジャグラー』最高設定か?→まさかの1000Gハマリ!? 
パチスロ新台・6号機「最強沖スロ」攻略要素をおさらい

シマ全体が一斉にAT抽選!? ファンの度肝を抜く画期的機能を搭載【パチスロ4号機・爆裂AT時代】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合