NEW

JRAレパードS、いずれドバイも制覇?将来のダート王候補

JRAレパードS、いずれドバイも制覇?将来のダート王候補の画像1
競馬つらつらより

 今週のJRAはエルムS(G3)とレパードS(G3)という2つのダート重賞が行われる。

 中でもレパードSには未来の日本ダート界を担うであろう逸材が揃った。ハピ、ホウオウルーレット、タイセイドレフォン、カフジオクタゴン、ヘラルドバローズ、ラブパイロー、シダー、レッドラパルマなど、どの馬が勝ってもおかしくないハイレベルな一戦だ。

 そしてこの中には、いずれ日本を飛び出しドバイワールドC(G1)を制するのではないかと期待している馬がいる。それがホウオウルーレットだ。

 同馬は兄がオメガパフュームという良血馬。同馬は東京大賞典(G1)4連覇を達成するなど日本ダート界を牽引する実力馬であり、年末には東京大賞典の5連覇もかかっている。

 そんなオメガパフュームを兄に持つホウオウルーレットは、昨年12月のデビュー戦を2着に1.1秒差、2戦目の黒竹賞(1勝クラス)も2着に1.0秒差で圧勝。そして前走のいわき特別(2勝クラス)も2着に0.9秒差で勝利し、ダートでは無限の可能性を感じさせている。

 しかも陣営の話ではまだまだ未完成とのことなので、本格化した暁にはどれほどの強者となっているか興味深い。100%の完成度にないにしても、これまでの勝ちっぷりや相手関係からも、ここは重賞初制覇のチャンスとみていいだろう。

 同馬にドバイへ向けて大きな可能性を感じる理由はいくつかある。

2005年ドバイワールドCを勝利した父ロージズインメイ

 

 まずは前述の通り底なしのダート適性、そして父がロージズインメイという血統だ。日本から地方在籍のアジュディミツオーが参戦、6着に善戦して話題となった2005年のドバイワールドカップを勝利したのがロージズインメイ。実際にドバイワールドCを制した父の血を引くのだから、関係者もドバイを意識するのは当然だろう。

 これまで誕生したロージズインメイ産駒で、ドバイ制覇を意識できるような馬はそう多くなかった。だがホウオウルーレットは、それをさせるに十分な可能性を感じる。

 またホウオウルーレットの母オメガフレグランスの父ゴールドアリュールは、2003年のドバイワールドCに遠征が決まりながらも、イラク戦争の影響でドバイへ渡航できず、回避せざるを得なかったという無念の経緯がある。

 そんな母の父ゴールドアリュールの無念、そして父ロージズインメイの血を引くホウオウルーレット。まさにドバイで活躍することが宿命付けられた存在と言えるだろう。

JRAレパードS、いずれドバイも制覇?将来のダート王候補のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合