NEW

パチスロ4号機リバイバル、最新タイトルはあのマシン⁉

【この記事のキーワード】,

パチスロ4号機リバイバル、最新タイトルはあのマシン⁉の画像1

今後のラインナップにも熱視線

 7月4日に導入を開始した『ニューゲッターマウス』をはじめ、これまで「16」もの秀作を世に送り出しているユニバーサルエンターテインメントの「A PROJECT」は、去る7月7日にファン待望のベスト盤CD「THE VERY BEST OF A」を発売した。

 これに伴い、同プロジェクトの公式YouTube「A PROJECTチャンネル」では、「ベスト盤CD発売記念!AプロサウンドトリビアSP【A面】」「ベスト盤CD発売記念!AプロサウンドトリビアSP【B面】」と2日連続で動画をアップ。A面では同社社員の小野Pがベスト盤CDを紹介し、B面では小野Pとサウンドクリエイターがマニアックな対談に終始している。

 B面についてはここでしか聞けない裏話が満載につき、A PROJECTファンのみならず、全てのパチスロユーザー必見。「機種の開発過程が分かり、興味深い」「めっちゃ楽しかったし、ためになった」「サウンドのこだわり、本当にすごい」なとと視聴者からも多くのコメントが寄せられている一方、やはり気になるのが今後のラインアップである。

 A面を見れば分かる通り、このベスト盤CDには4号機『サンダーV』、5号機『サンダーVスペシャル』『サンダーVリボルト』、6号機『サンダーVライトニング』、4号機『バーサス』、5号機『バーサス』、6号機『バーサスリヴァイズ』、4号機『クランキーコンドル』『クランキーコンテスト』、5号機『クランキーコレクション』『クランキーセレブレーション』など、A PROJECTで復刻した名機たちと歴代シリーズの楽曲が収録されている。

『新ハナビ』の筐体にヒントが!?

 そんな中で、終盤には4号機『レッツ』『トゥインクルステージ』『ベイビーエンジェル2』『スーパーモグモグ2』といった機種のBGMも。『ベイビーエンジェル2』に関しては6号機の続編『CCエンジェル』が登場しているだけに、「そのうち、これらの機種もリバイバルされるのか?」と期待してしまうのがファン心理というものであろう。

 とりわけ、『レッツ』については同機の象徴とも言える「豆絵柄」が『新ハナビ』の筐体にひっそりと描かれており、これは何がしかの示唆と捉えることもできる。次は一体、どの機種をよみがえらせてくれるのか。今後の動向に注目したいところだ。

 ちなみに、『レッツ』はメーシー販売、『トゥインクルステージ』と『スーパーモグモグ2』はエレクトロコインジャパン名義で、それぞれ1997年9月、1999年1月、1995年8月にデビューした。

(文=編集部.)

【注目記事】
パチンコ店「スーツ姿の鉄火場」にした3回権利の名機‼ 
パチンコ「出なくなるタブー」封印で状況一変!? 
シマ全体が一斉にAT抽選!? ファンの度肝を抜く画期的機能を搭載【パチスロ4号機・爆裂AT時代】 

パチスロ4号機リバイバル、最新タイトルはあのマシン⁉のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合