NEW

パチンコ店「スーツ姿の鉄火場」にした3回権利の名機‼

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ店「スーツ姿の鉄火場」にした3回権利の名機‼の画像1

「サラリーマンの聖地」を鉄火場にした名機

 働く男のサラリーマンですが、息抜きに時間調整などに利用されるのがパチンコ店です。これは昔も今も変わりなしです。特にこの夏の暑い時期では、涼むには好都合のオアシスです。

 平成初期には都内の主要ターミナル駅前に、パチンコ店が平均して10軒くらいは存在していました。現在はどうでしょうか? 残念ながら、その半分以下までに落ち込んでしまっています。

 そんな中で「サラリーマンの聖地」の駅前にあったパチンコ店(T店)は、その名の通りにスーツ姿の方々が連日集まる優良店でした。日中も仕事帰りも「スーツ姿の鉄火場」でした。

 このT店は、全体で700台ほどの多層階パチンコ店でした。私の記憶では地下に遊技場はなく、1階から3階まであったと思います。3階はパチスロだった記憶でしたが、目玉は1階のパチンココーナーです。道路から入ってすぐ目立つパチンココーナーは、その全てが「3回権利モノ」でした。

希少の3回権利モノも設置していました

 T店の3回権利モノコーナーの営業形態は、「1回交換」一択。その他のデジパチコーナーではラッキーナンバー制でした。デジパチコーナーでは開店から1時間で大当りすれば「無制限ナンバー」を獲得できましたが、3回権利コーナーだけは終日「1回交換」を貫いていたのです。それだけに、運用は保証できるものでした。

 この3回権利モノコーナーでは、当時の人気機種だった『ミルキーバー』(ニューギン)、『ギンギラパラダイス』(三洋物産)を大量に導入していました。この2機種はいつも満台をキープしていましたが…。

 希少の3回権利モノも設置していました。『マーメイドSP』(三共)という機種です。同規模の駅前パチンコ店でも、T店ぐらいにしか導入されていませんでした。1995年に登場しました。

 同機の情報ですが、大当り確率は300分の1で、2回目と3回目の確率は30分の1です。3回権利ですので、出玉は約6,000発です。大当りしてV入賞して権利が獲得できます。

パチンコ店「スーツ姿の鉄火場」にした3回権利の名機‼のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合