NEW

「ウマ娘」軍団の新エース?ベールを脱ぐ米国3冠産駒

【この記事のキーワード】, ,

「ウマ娘」軍団の新エース?ベールを脱ぐ米国3冠産駒の画像1

 先週からスタートした夏の新潟開催。名物重賞・アイビスサマーダッシュ(G3)も行われたなか、大きなインパクトを残したのが2歳新馬戦だった。

 7月30日の芝1600m戦では、1番人気のリバティアイランドが後続に3馬身差をつける完勝。叩き出した上がり3ハロン「31秒4」という驚異的な数字が大きな話題となった。

 さらに翌31日も、芝1800mのレースで有望株が激突。昨年のセレクトセールで1億8150万円の値が付いたダノントルネードが、同セールにて2億4200万円で落札されたシャザーンとの熾烈な叩き合いに競り勝ち、ハナ差で初勝利を掴んでいる。

ベールを脱ぐ米国3冠産駒

 そして今週も、新潟で行われる2歳新馬戦に注目の若駒がエントリー。7日の芝1600m戦でデビューを迎えるのが、Justify産駒の外国産馬・ワインワインレッド(牡2歳、栗東・森秀行厩舎)だ。

 同馬は人気競馬ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)で有名な株式会社サイバーエージェントの社長・藤田晋氏の所有馬で、昨年のキーンランドセプテンバーセールで森秀行師が65万ドルで落札した。アクシデントなく無事に出走が叶えば、現在のところ計13頭登録されているこの父の産駒の中で一番乗りのJRAデビューとなる。

 父のJustifyは、2018年に無敗で米国三冠を成し遂げた名馬。明け3歳のデビューながらケンタッキーダービー(米G1)を制し、それも136年ぶりという歴史的な偉業だったことで大きな話題となった。

 6月のベルモントS(米G1)を勝って三冠を達成した後は、左前肢の球節に故障が判明したため7月に引退を決断。2018年2月のデビューからわずか5カ月でキャリアに幕を下ろすこととなったが、生涯成績6戦6勝でG1を計4勝という輝かしい功績を残した。

 今年がデビューイヤーとなる産駒の成績も好調で、ここまでの北米新種牡馬リーディングを見ると、15頭が出走してすでに6頭が勝利。Just Cindyという馬が、サラトガで行われたダート1200mのシュイラーヴィルS(米G3)を勝って重賞勝利も挙げている。

 また、活躍はアメリカだけに留まらず、実はこの産駒の初重賞制覇は芝のレースだった。

 アイルランドでデビューしたStatuetteという牝馬が5月に未勝利を勝ち上がると、続戦した芝1200mの重賞・エアリースタッドS(愛G2)を見事に制覇。海の向こうで芝・ダート問わずに活躍馬を輩出しているだけに、日本での活躍も楽しみになってくる。

「ウマ娘」軍団の新エース?ベールを脱ぐ米国3冠産駒のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合