NEW

安田記念「1番人気」が登場、関屋記念にG1級メンバー

【この記事のキーワード】, ,
安田記念「1番人気」大器が登場、関屋記念にG1級メンバーの画像1
イルーシヴパンサー 撮影:Ruriko.I

関屋記念にG1級メンバー

 14日に新潟競馬場の芝1600mで開催される関屋記念(G3)。サマーマイルシリーズの第3戦となる本競走だが、今年は例年以上の豪華メンバーになりそうだ。

 昨年は、春のNHKマイルC(G1)で2着したソングラインが参戦したことで話題を呼んだレース。残念ながら3着に敗れてしまったが、古馬になって迎えた今春の安田記念(G1)を制覇し、新マイル王として秋を迎える。

 その安田記念で1番人気を背負った大器イルーシヴパンサー(牡4歳、美浦・久保田貴士厩舎)が、ここ関屋記念から始動する。

 昨年の皐月賞(G1)で10着に敗れた後、一息入れた1勝クラスから怒涛の4連勝。2月の東京新聞杯(G3)も勝った際は、かつてのマイル王「モーリス2世」などと呼ばれ、マイル界の超新星として大きな注目を集めた。

 4連勝の勢いに乗って迎えた今春の安田記念では、単勝4.5倍ながらG1の大舞台で1番人気に。レースでは後方から持ち前の末脚を爆発させ、上がり3ハロン最速の32.6秒で追い上げたものの8着止まり。超一線級のマイラーたちと戦う上で課題が残る一戦となった。

 仕切り直しの今回は、秋に向けてやや不安のある収得賞金の上積みを狙う重要な一戦。4連勝はすべて東京で挙げたもので、同じく直線の長い左回りの新潟は大歓迎だ。自慢の末脚を爆発させ、再び連勝街道に突入したい。

安田記念「1番人気」大器が登場、関屋記念にG1級メンバーの画像2
ダノンザキッド 撮影:Ruriko.I

 本来であれば、G3ならイルーシヴパンサーが大本命馬に推されても仕方ないはず。だが、一筋縄でいかなそうなのが、今年の関屋記念だ。迎え撃つG1馬ダノンザキッド(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)は、ここで貫録を示したいに違いない。

 デビュー3連勝で2020年のホープフルS(G1)を勝った際は「来年のクラシックの主役」とさえいわれたダノンザキッド。しかし、皐月賞で15着に大敗し、その目論見が大きく狂うと、秋からはマイル路線を歩むことになった。

 今年はここまで2連敗中だが、昨年のマイルCS(G1)3着はG3なら大威張りできる実績。前走の安田記念では6着に敗れているが、勝ったソングラインとは0.2秒差。イルーシヴパンサーにも先着している以上、メンバーの落ちるここで簡単に負けるわけにはいかないだろう。目標は先だが主戦の川田将雅騎手が騎乗する以上、勝ちに来るはずだ。

 この2頭に割って入りたいのが、サマーマイル王を狙うウインカーネリアン(牡5歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)だ。

 単勝360倍だった一昨年の皐月賞で4着に入って全国の競馬ファンに冷や汗をかかせたウインカーネリアンだが、その後は徐々に距離を短縮してマイル路線へ矛先を向けている。

 大きな転機となったのが前々走の谷川岳S(L)で、先月の中京記念(G3)を逃げ切ったベレヌスを捕らえて快勝。その勢いのままサマーマイルシリーズ第1戦の米子S(L)を連勝し、一躍マイル界にその名を轟かせている。

 通算成績こそ17戦6勝だが、全6勝を挙げる主戦の三浦皇成騎手が騎乗すれば【6.1.0.1】と相性は抜群。唯一の着外も4着で、番手から抜け出す競馬が完全に板についている印象だ。勝てばサマーマイルシリーズ制覇へ大きく近づくだけに侮れない存在だろう。

安田記念「1番人気」が登場、関屋記念にG1級メンバーのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合