NEW

【小倉記念(G3)展望】2頭合計「90馬身差」からの逆襲!?

【小倉記念(G3)展望】2頭合計「90馬身差」からの逆襲!?の画像1

 14日、小倉競馬場ではハンデ重賞の小倉記念(G3)が行われる。過去2年はいずれも3勝クラスから参戦したアールスターとモズナガレボシが勝利。格下でもハンデ次第で十分通用するレースといえるだろう。

 ただし、今年は重賞で好走実績がある馬が中心となりそう。その筆頭が3歳馬のピースオブエイト(牡3歳、栗東・奥村豊厩舎)である。

 今年3月にデビュー3連勝で毎日杯(G3)を制覇。日本ダービー(G1)では、メンバー唯一の“無敗馬”として臨んだが、結果はドウデュースから7秒2(約43馬身)離された最下位18着に終わった。

 スタート直後からやや行きたがる素振りを見せるなど、若さを露呈したピースオブエイト。道中は好位を追走し4角を4番手の好位で迎えたが、差し決着となった展開で直線早々に脱落してしまった。

 1800mを3連勝したように、600mの距離延長も敗因の一つだったかもしれない。2000mのG3戦なら、見直す必要がありそうだ。

 これまで鞍上は福永祐一騎手、岩田望来騎手、藤岡佑介騎手の3人が務めてきたが、今回はJRAの短期免許で香港から来日中のC.ホー騎手が起用される。初の小倉参戦となるが、どんな手綱さばきを見せてくれるか。

【小倉記念(G3)展望】2頭合計「90馬身差」からの逆襲!?の画像2
タガノディアマンテ 撮影:Ruriko.I

 43馬身差をつけられたダービーからの逆襲を期すピースオブエイトに対抗するのは、5月の天皇賞・春(G1)で勝ったタイトルホルダーから7秒9差(約47馬身差)の17着に沈んだタガノディアマンテ(牡6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)だ。

 これまで喉の手術や脚元の不安などを乗り越えてきたタガノディアマンテ。前走は菊花賞(G1)以来となるG1出走だったが、道中カラ馬になったシルヴァーソニックに何度か絡まれる不利を被り、まともな競馬にならなかった。

 最後はゴールにたどり着くのが精一杯という状態で完走は果たしたタガノディアマンテ。これまで重賞勝利こそないが、様々な条件の重賞(きさらぎ賞、ステイヤーズS、京都記念)で3度の2着があり、初の小倉でも前走のダメージがなければしっかり対応してくれるのではないだろうか。

 そんなタガノディアマンテの鞍上を務めるのは、こちらも大きなアクシデントを乗り越え、6月にターフに戻ってきた北村友一騎手。そろそろ重賞でも存在感を見せたいところだ。

【小倉記念(G3)展望】2頭合計「90馬身差」からの逆襲!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合