NEW

【関屋記念(G3)展望】ルメールが復帰!エアグルーヴ一族とコンビ

【この記事のキーワード】, ,
【関屋記念(G3)展望】ルメールが復帰!エアグルーヴ一族とコンビの画像1
イルーシヴパンサー 撮影:Ruriko.I

 14日、真夏の新潟競馬場ではサマーマイルシリーズ第3弾の関屋記念(G3)が行われる。安田記念(G1)組を中心に好メンバーがそろいそうだ。

 中でも注目は安田記念8着から巻き返しを期すイルーシヴパンサー(牡4歳、美浦・久保田貴士厩舎)だろう。

 昨年6月から11月にかけて自己条件を3連勝すると、2月の東京新聞杯(G3)を快勝し、連勝を4に伸ばしたイルーシヴパンサー。連勝の勢いを買われて、安田記念では堂々の1番人気に支持された。

 スタートを決めると、好位を取りに行くこともできたはずだが、田辺裕信騎手は今まで通り控える競馬を選択。道中は最後方を進んで直線に懸けた。

 前に16頭を見ながら4コーナーを迎えると、外に持ち出して、一完歩ずつ差を詰める。ところが、前半3ハロン34秒7というスローペースに前の馬も止まらない。

 結局、イルーシヴパンサーはメンバー最速タイの上がり32秒6をマークするも、ゴール前は脚を余しての8着。結果的に後ろすぎる位置取りが敗因となった。

 安田記念以来、2か月ぶりの実戦を迎えるイルーシヴパンサーに今回は大きな変化が訪れる。コンビ通算5戦4勝の田辺騎手が降板。代わりに初騎乗の岩田望来騎手へと乗り替わりとなったのだ。

 騎手生活4年目を迎えた岩田望騎手。今年も序盤から勝ち鞍を順調に伸ばし、100勝も狙えるペースで全国リーディング4位(7月末時点)。なかなか勝てなかった重賞レースも2月の京都牝馬S(G3)を制覇すると、5月の京都新聞杯(G2)で2勝目をマーク。「重賞では勝負弱い」というレッテルを剥がそうとしている。

 秋の大舞台へ向けて賞金加算は必至のイルーシヴパンサー。岩田望騎手は直線の長い新潟外回りでどんな競馬を見せてくれるのだろうか。

【関屋記念(G3)展望】ルメールが復帰!エアグルーヴ一族とコンビの画像2
ダノンザキッド 撮影:Ruriko.I

 安田記念でイルーシヴパンサーに先着したダノンザキッド(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)は、2歳暮れのホープフルS(G1)以来の勝利を狙う。

 デビュー3連勝で2歳王者に輝いたときはクラシック候補と目されたダノンザキッド。3歳春は不本意な成績が続きダービー直前には軽度の骨折で戦線離脱も味わった。

 3歳秋にマイル路線で戦列復帰を果たすと、マイルCS(G1)ではグランアレグリアとシュネルマイスターと差のない3着に好走。今年は中山記念(G2)7着、安田記念6着と2戦続けて掲示板を外しているが、前走は着順以上の好内容だった。

 鞍上の川田将雅騎手がスタートから促して、積極的に位置を取りに行くと道中2番手を追走。直線でも最後まで粘りに粘って、あわやの場面をつくったが、最後は中団後方にいた馬に差し切られた。

 キャリア2戦目の東京スポーツ杯2歳S(G3)から手綱を取る川田騎手もそろそろ勝利が欲しいところだろう。ホープフルS以来の重賞Vはなるか。

【関屋記念(G3)展望】ルメールが復帰!エアグルーヴ一族とコンビのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光