NEW

武豊ら1番人気連続記録「19」を止めてしまった新人騎手

【この記事のキーワード】, ,

武豊ら1番人気連続記録「19」を止めてしまった新人騎手の画像1

 競馬において大きな鍵を握っている1番人気の存在。まさにレースの「主役」であり、前評判通りに好走するかどうかで、馬券的な配当にも大きな影響を及ぼす。

 ちなみに昨年、JRAで行われた計3456レースの1番人気の成績は勝率33%、複勝率64%だった。3頭に1頭が勝利し、3頭の内2頭は3着内にくる計算となる。ファンにとっては、1番人気の取捨こそが馬券的中を左右すると言っても過言ではないだろう。

 ただ、確率はあくまでも確率に過ぎない。上記の成績は年間トータルの数字であり、そこに至るまでは連敗や連勝など好不調も当然含まれている。

 そんな1番人気が先週末の札幌開催では、土日通して確率以上の活躍を見せた。成績は以下の通りである。

■8月1週目 札幌開催の1番人気馬成績

・6日(土)
1R イッツオンリーユー 3着 武豊騎手
2R カイザーレオン 2着 横山和生騎手
3R イラーレ 1着 武豊騎手
4R トーホウテンリュウ 3着 菱田裕二騎手
5R テラステラ 3着 吉田隼人騎手
6R ダノンフロイデ 1着 岩田望来騎手
7R サウンドブライアン 1着 池添謙一騎手
8R セレッソ 3着 横山和生騎手
9R スカイフォール 1着 横山和生騎手
10R クレスコジョケツ 1着 鮫島克駿騎手
11R ハーツイストワール 1着 武豊騎手
12R ヴェントボニート 2着 池添謙一騎手

・7日(日)
1R サトノミスチーフ 1着 富田暁騎手
2R メルシー 1着 武豊騎手
3R イルモンド 2着 菱田裕二騎手
4R シャンダス 2着 丹内祐次騎手
5R フェネストラ 2着 横山和生騎手
6R ダノンフロンティア 2着 武豊騎手
7R ヒデノレインボー 2着 浜中俊騎手
8R ブルーゲート 8着 鷲頭虎太騎手
9R ハーツラプソディ 11着 武豊騎手
10R モンファボリ 2着 武豊騎手
11R ブラッティーキッド 4着 水口優也騎手
12R メルヴィル 3着 武豊騎手

 特筆すべきはその複勝率だろう。24頭中4着以下に敗れたのは僅か3頭のみで、複勝率87.5%と、その存在感はまさに驚異的だった。6日は12レース全てで1番人気が3着内、7日も7Rまでいずれも3着内をキープし、19戦連続3着内が続いた。

 6日1Rの武豊騎手から横山和生騎手、吉田隼人騎手、岩田望来騎手、池添謙一騎手など先輩たちが次々と「1番人気の重責」という名のバトンを繋いでいく中、20戦目に“それ”を落としてしまったのが、ルーキーの鷲頭虎太騎手だった。

 騎乗した7日8Rの1番人気ブルーゲートは8着に終わっているが、内容が不完全燃焼だっただけに鞍上も悔いが残るだろう。

 手応え良く4コーナーを回り、まさに最内から伸びようとしている場面で、前や横にいた馬たちに囲まれて万事休す……。1番人気がマークされることは競馬の宿命だが、1枠1番から内々を通らざるを得なかったことも不運だった。

 とはいえ1番人気の活躍が目立った先週の札幌開催。本命党の競馬ファンにとっては、大満足の2日間になったのではないだろうか。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

武豊ら1番人気連続記録「19」を止めてしまった新人騎手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は