NEW

岩田望来×インゼル「期待馬」1番人気ブービー敗退…

【この記事のキーワード】, ,
岩田望来×インゼル「期待馬」1番人気ブービー敗退…の画像1
岩田望来騎手

 7日、新潟競馬場の5Rに行われた2歳新馬は、12番人気の伏兵ムーンスカイが直線早め先頭から押し切って優勝。2、3着にも人気薄が入り、3連単は36万円を超える波乱の決着となった。

 ムーンスカイの手綱を執った今村聖奈騎手はレース後、「減量を生かして前々で競馬をしようと思っていた。真面目な馬で最後まで一生懸命走ってくれました」と、プラン通りの展開であったことを回顧。

 なお、同ジョッキーはこれが中央・地方合わせて通算26勝目。G1に騎乗可能となる31勝まで、この時点であと5とした。このペースで行くようであれば、秋にはG1初騎乗も実現するかもしれない。

「期待馬」1番人気ブービー敗退…

 その一方で、1番人気に推されていた岩田望来騎手のフォミルマジック(牝2歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、中団を追走するもラスト失速。16頭立てでまさかのブービー15着に大敗した。

 同馬は、キーファーズの松島正昭代表が新たに設立したクラブ法人・インゼルサラブレッドクラブにおいて、一口7.8万円×450口の総額3900万円で募集がかけられた期待の1頭だ。

 父は日本生まれのディープインパクト産駒で、2018年の英国2000ギニー(G1)を制したサクソンウォリアー。19年からクールモアスタッドで種牡馬生活に入り、現2歳世代が初年度産駒となるが、JRAではまだ1頭も勝ち上がっていない。

 そのためインゼルはレース前日、Twitterの公式アカウントに「サクソンウォリアー産駒日本初勝利を目指します!ご声援の程宜しくお願い申し上げます!」と、期待を込めたツイートを投稿していた。

 芝1600mで争われた一戦。フォミルマジックは1枠2番から無難にスタートを切ると、向正面では7、8番手のインを追走。3~4コーナーも内々を回って最後の直線へと向かう。

 直線に入るとやや外目に持ち出して追われ始めたが、伸び脚はほとんど見られずに後退……。前との差はみるみる開いていき、ゴール前ではブービーまで沈んでいた。

 1番人気馬のよもやの惨敗にSNSやネット掲示板にはレース後、「全く見せ場がなかったな」「どうしちゃったんだろう」「これは立て直しが必要かも」など、当惑する声が多く上がったのも当然だろう。

 また、先述したインゼルの公式Twitterアカウントはレース終了から約1時間後、「フォミルマジックは15着でした。皆様応援ありがとうございました」とのツイートを発信している。

「4コーナーを回り終えるあたりまでは悪くないように見えたのですが、最後の直線に入って追われてからが案外でしたね。父は欧州のタフな芝で活躍したサクソンウォリアーなだけに、週中の雨もほどんど気にならないと思ったのですが……」(競馬誌ライター)

 フォミルマジックは調教でもそれなりに動いていたようだが、実戦では追われると口向きがやや悪いようにも見えた。4月生まれということもあり、馬がまだ幼ないのかもしれない。次戦以降での変わり身に期待したいところだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
 キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

岩田望来×インゼル「期待馬」1番人気ブービー敗退…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光