NEW

パチンコ「技術介入で神台」なるか!? 業界の大御所が大注目!!

パチンコ「技術介入で神台」なるか!? 業界の大御所が大注目!!の画像1

業界の大御所が大注目!!

 ここ最近、さらにパチンコが活気付いている。

 CR機末期に数少ない高継続ライトミドルタイプとして長らくヒットしたマシンの後継機『P宇宙戦艦ヤマト2202-ONLY ONE-』、ライトミドルながらも「神ゴチ装置」を駆使することで大当り1回最大約2,000個の出玉を得られる『P黄門ちゃま神盛2』、初当りALL1,500or3,000個×MAX約81%継続のRUSHを搭載した『Pフィーバーからくりサーカス』など、優良スペックが次々と登場。

 どの機種から打とうかと嬉しい悲鳴を上げるファンが多く、「今年はどえらく負けている」という業界の重鎮・大崎一万発氏も、そのひとりだそうだ。

 大崎氏は自身のYouTubeチャンネル「まんぱつ」内の動画で「負けても打っちゃう」現状を「良からぬ状況」と分析。だが、「それでも打っちゃわないといけないのかな、という台がまた出ます」とし、10月3日の導入を予定している大一商会のパチンコ『Pうしおととら2-超獣SPEC-』を紹介した。

 これによると、本機は初当り確率319.69分の1の一種二種混合タイプで、大当りは全て1,500個の獲得が可能。RUSH突入率は75%のようだ。上位RUSHへ昇格すれば、1,500個の大当りが約81%でループするという。

 また、上位RUSH中も約3%で3,000個当たりが発動する点も大きな特徴のひとつ。大崎氏曰く、本機はパチンコのRUSHの在り方に一石を投じた『P神・天才バカボン~神SPEC~』のゲーム性をスピーディーにし、且つ3,000個当りを約3%持たせたスペックだそうだ。

「技術介入で神台」なるか…

 しかも、本機は『P神・天才バカボン~神SPEC~』と同じく「技術介入」が効果的なのでは…との見解も。かつて京楽産業.が技術介入を駆使することで甘くなる台を乱発したように、同社も「それを再現しているのか」、はたまた「技術介入を排除するゲージを作れなかったのか」、真意は不明だが、いずれにせよ、大崎氏は「吉と出るのか凶と出るのか、ウォッチしていきたい」と興味を示した。

 一方、本機は部材不足などの影響からか、リユース販売だそうで、『P神・天才バカボン~神SPEC~』を返却することで、その分の台数が「買えるかもしれない」というシステムとのこと。

『P神・天才バカボン~神SPEC~』はいまだ根強い人気を誇るだけに「その人気の台を外して差し替えても、それだけの価値のある台なのか」と、ホール的にも「非常に悩みどころ」だそうで、その上、このタイミングで『P神・天才バカボン~神SPEC~』の中古機価格が跳ね上がっているそうだ。

パチンコ「技術介入で神台」なるか!? 業界の大御所が大注目!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合