NEW

グレートマジシャン厩舎に相次ぐ「受難」……復帰の元ダービー候補を案ずる声も

【この記事のキーワード】, ,
グレートマジシャン厩舎に相次ぐ「受難」……復帰の元ダービー候補を案ずる声もの画像1
ドゥラドーレス 撮影:Ruriko.I

 14日、札幌競馬場では芝2000mの藻岩山特別(2勝クラス)が行われる。昨年の勝ち馬ソーヴァリアントはその後、チャレンジC(G3)を1番人気で制する出世を果たした。

 同馬に続かんとばかりに、このレースで約2ヶ月ぶりの復帰戦を迎えるのがドゥラドーレス(牡3歳、美浦・宮田敬介厩舎)だ。

 その名の通りドゥラメンテ産駒である本馬は、昨年11月のデビュー戦を快勝。次戦では父も制したセントポーリア賞(1勝クラス)を好タイムで優勝したことで、一気に日本ダービー(G1)の有力候補にまで浮上した。

グレートマジシャン厩舎に相次ぐ「受難」……復帰の元ダービー候補を案ずる声もの画像2
戸崎圭太騎手

 だが、クラシック出走を懸けて臨んだ毎日杯(G3)で、まさかの3着に敗退。勝負どころで仕掛けが遅れた上に、直線もスムーズさを欠いたことで、乗っていた戸崎圭太騎手はレース後、「申し訳ありませんでした」と謝罪のコメントを残している。

一時は春全休も報じられたが…

 賞金加算に失敗して大一番への出走が厳しくなったことで、一時は春全休も報じられたが、当初の予定を撤回して6月の東京で開催されたホンコンジョッキークラブT(2勝クラス)に出走。

 鞍上には新コンビの福永祐一騎手を迎え、単勝1.2倍に支持されたものの、スタートしてすぐにポジションを下げて中団につけると、1000m通過は63秒台の超スローに。最後はメンバー最速の上がりを繰り出したが、ここも3着に敗れてしまう。

 そんな痛い敗戦を繰り返したドゥラドーレスだが、今回の藻岩山特別では横山武史騎手とのタッグが想定されている。『netkeiba.com』の事前予想では抜けた1番人気に推されているだけに、ここは是が非でも3度めの正直を決めたいところだろう。

 なお、管理する宮田厩舎は先月末の関越S(OP)でグレートマジシャンが1年2ヶ月ぶりに復帰を果たしたものの、最後の直線で故障を発生して競争を中止。残念ながら予後不良の診断が下された。

 同馬は昨年の日本ダービー4着以来のレースで、宮田師も「またG1にチャレンジしたい」と語っていた矢先の出来事だった。それだけに、ひとつ下のエース候補であるドゥラドーレスには期する思いも強いのではないだろうか。

 そんな宮田厩舎であるが、実は今シーズンに入ってからの受難はグレートマジシャンだけではなかった。

グレートマジシャン厩舎に相次ぐ「受難」……復帰の元ダービー候補を案ずる声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は