NEW

勝っても負けても相次ぐ非情宣告…田辺裕信「G1候補」降板に心中複雑!?

【この記事のキーワード】, , ,
勝っても負けても相次ぐ非情宣告…田辺裕信「G1候補」降板に心中複雑!?の画像1
田辺裕信騎手 撮影:Ruriko.I

「二の脚がつきませんでしたし、ペースが遅くて動けないところにいました」

 6月に行われた安田記念(G1)のレース後、そう語っていたのは田辺裕信騎手だ。

 騎乗したのはイルーシヴパンサー(牡4、美浦・久保田貴士厩舎)。前走の東京新聞杯(G3)では、G1でも好走歴のあるファインルージュを退け快勝。4連勝という勢いを買われて、最終的に1番人気の支持を受けた。

 ところが、レースでは武器とする鋭い末脚が不発に終わる。

 鞍上の言葉通り、前半3ハロン通過タイムが34秒7のマイルG1にしては遅い流れ。最後の直線では後方待機から追い込みを図ったものの、馬群を捌くのに手こずる場面も。結果8着に敗れ、人気を集めた2度目のG1挑戦は不完全燃焼に終わった。

勝っても負けても相次ぐ非情宣告…

 そんなイルーシヴパンサーが、14日に行われる関屋記念(G3)に出走を予定している。今回はG3と格も落ちる上、メンバー的にも負けられない仕切り直しの一戦。秋の大舞台へ向け、田辺騎手にとっても好スタートを切りたいところだろう。

勝っても負けても相次ぐ非情宣告…田辺裕信「G1候補」降板に心中複雑!?の画像2
岩田望来騎手

 しかし、『netkeiba.com』が公開している想定騎手では、鞍上は田辺騎手ではなく岩田望来騎手となっている。重賞勝ちを含む4連勝に導いた主戦だったが、無念にも降板となったようだ。

 思い返せば、田辺騎手は昨年の関屋記念をロータスランドで勝利しているが、同コンビでマイルCS(G1)を12着に敗れたのち、岩田望騎手へ乗り替わった経緯がある。その後、京都牝馬S(G3)1着、高松宮記念(G1)でも2着と結果を出され、悔しい思いを味わっている。

 そういったなかで、再び岩田望騎手への鞍上交代。騎手としては田辺騎手の方がキャリアは長いものの、岩田望騎手は全国リーディングで4位と勢いある若手ホープだ。弱肉強食の騎手の世界では、こういった乗り替わりは頻繁に起こる。

 とはいえ、今年は有力馬の乗り替わりが絶えない田辺騎手。自身が手綱を任されフローラS(G2)を勝ったエリカヴィータも、本番のオークス(G1)では福永祐一騎手へ交代となった。

 また、先週のレパードS(G3)で3番人気に支持されたホウオウルーレットも同じ。こちらも前走のいわき特別(2勝クラス)で5馬身差の圧勝に導いたのは田辺騎手だったが、いざ迎えた初重賞では福永騎手へ乗り替わりとなった。田辺騎手にとっても、度重なる乗り替わりにどこか心中複雑な思いもあるだろう。

 ちなみに、関屋記念ではオープン勝ちの経験があるエアファンディタに騎乗する田辺騎手。悔しい思いもあるなか、一矢報いる激走をみせてくれるだろうか。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

勝っても負けても相次ぐ非情宣告…田辺裕信「G1候補」降板に心中複雑!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は