NEW

失意の5億円馬「連勝街道」で菊花賞へ!? 3馬身圧勝デビューの大器に逆襲の予感

【この記事のキーワード】, ,

失意の5億円馬「連勝街道」で菊花賞へ!?  3馬身圧勝デビューの大器に逆襲の予感の画像1

 8月も半ばに差し掛かり、夏競馬もいよいよ終盤戦に突入。来年のクラシックを目指す2歳の若駒や、サマーシリーズに挑む馬などが毎週熱戦を繰り広げ、今年の夏競馬も大きな盛り上がりをみせている。

 一方で、春にクラシックの舞台に届かなかった3歳馬世代の馬たちもまた、熱い戦いをみせている。

 秋の“最後の一冠”やその後の重賞戦線を狙うにあたって、夏の間に積み重ねた勝利は大きな意味を持つ。春の悔しさを秋の大舞台で晴らすために、多くの3歳馬の陣営が夏の条件戦での飛躍を誓っている。

5億円馬リアドの逆襲に期待

 13日の新潟9R・湯沢特別(1勝クラス)に出走を予定するリアド(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)もまた、秋への飛躍が期待されている1頭だ。

 リアドは当歳時のセレクトセールで5億760万円(税込み)の価格で取引された超高額馬であり、デビュー以前から大きな期待と注目を集めていた。加えてデビューしたのは“出世レース”と言われる菊花賞(G1)当日の新馬戦であり、これを3馬身差で快勝。そのレースぶりは落札価格と合わせて大きな話題となり、当時はクラシックの有力候補として名前が挙がる程であった。

 しかしながら続いて挑んだ若駒S(L)では、単勝1.6倍という圧倒的な支持を受けながらも2着に敗れてしまい賞金加算に失敗。その後も毎日杯(G3)、京都新聞杯(G2)と重賞を転戦し賞金加算を狙ったものの、いずれも惨敗を喫してしまう。デビュー当初の期待に応えることは叶わず、春の大舞台への切符を掴むことはできなかった。

 リアドにとって今回の湯沢特別への出走は、自己条件からの出直しの1戦となる。秋の飛躍へ向けた足掛かりとするためにも、ここは順当に突破したいはずだ。

 一方で現時点でのリアドの立ち位置は「新馬戦を勝っただけの高額馬」であり、1勝クラスはともかく、秋の重賞戦線の活躍を期待するのは早計だと思われるかもしれない。

 だがそれでも、今後のリアドの成長に期待を抱かずにはいられない理由がある。

 実は本馬の半兄にあたるストロングタイタンは3連勝、ミラアイトーンは4連勝と2頭は共に、3歳夏以降に条件戦を連勝しOPへの昇格を果たしている。その後も2頭は息の長い活躍をみせ、中でもストロングタイタンは5歳時に鳴尾記念(G3)を制するまでに大成している。

 こうした半兄2頭の傾向を考えると、リアドも同様に晩成型である可能性は十分にある。3歳の夏を迎えて大きく成長しているとすれば、失意に終わった春とは一変した走りを見せてくれるはずである。

 兄のように夏の条件戦で固めて勝利を重ねることができれば、今後は菊花賞トライアルなどの挑戦も視野に入ってくるはず。そこで好走を果たし、デビューから丁度1年後となる菊花賞の舞台でリアドが躍動をみせる……。そんなドラマティックな展開にも期待がもてるかもしれない。

 かつて“世代の主役”として話題を集めた5億円馬リアドの逆襲に期待したい。

エビせんべい佐藤

〈著者プロフィール〉

98年生まれの現役大学院生。競馬好きの父の影響を受け、幼いころから某有名血統予想家の本を読んで育った。幸か不幸か、進学先の近くに競馬場があり、勉強そっちのけで競馬に没頭。当然のごとく留年した。現在は心を入れ替え、勉強も競馬も全力投球。いつの日か馬を買うのが夢。

失意の5億円馬「連勝街道」で菊花賞へ!? 3馬身圧勝デビューの大器に逆襲の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  3. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  4. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  5. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  6. JRAソーヴァリアントを捨ててもC.ルメールが乗りたい大物!? 神戸新聞杯(G2)「低レベル説」は大間違い、勢力図一変を狙う素質馬がついにヴェールを脱ぐ
  7. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  8. ディープインパクト、メジロマックイーンら育てた名伯楽が勝率「3.6%」の大苦戦…“5頭目の正直”で問われる相馬眼
  9. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  10. JRA今村聖奈「大ブレイク」の陰で悲痛な叫び。「何のために騎手になったのか」乗鞍激減、レース開催日に”お留守番”続出