NEW

パチスロ「伝統ある『ペガサス』の名を封印したパル工業の新シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『C51SP』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.103】

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「伝統ある『ペガサス』の名を封印したパル工業の新シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『C51SP』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.103】の画像1

アニマルかつみの回胴青春時代Vol.103

 阪神タイガースが21年ぶりのリーグ優勝と日本一の栄冠に輝いた1985年。新風営法の施行によってパチスロは1号機体制へと移行し、これを機にいくつかのメーカーが新たに業界参入を果たした。

 大阪は吹田市に産声を上げたパル工業も、そのひとつ。デビュー作の『ペガサス』と、その続編である1.5号機『ニューペガサス』は、吸い込み方式による激しい連チャン性で一世を風靡し、たちまち同社は全国にその名を轟かすこととなる。

 2号機時代に移ると規定により吸い込み方式が禁止されたことで同社は苦戦を強いられるが、3号機時代に入ると例によって「どこかの悪い人たち」の手によって裏モノ化。初代『ペガサス』を彷彿とさせる強烈な連チャン性でファンを熱狂させる。

 4号機の時代に入ると同社は、『ペガサスワープG』と色違いの兄弟機『R』をリリース。後者は、リプレイの連続出現が前兆となる裏モノが各地に出没し、話題と注目を集めた。

 ところが、である。パル工業の代名詞としてファンに親しまれてきた『ペガサス』の名は、この2機種を最後に封印。新たなシリーズ展開によって4号機市場でのシェア拡大に挑むこととなった。その第1弾が、1994年の暮れにリリースされた『C51SP』である。

『C51SP』

パチスロ「伝統ある『ペガサス』の名を封印したパル工業の新シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『C51SP』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.103】の画像2
 なにかの暗号のような機種名、その由来には2つの説があり、ひとつは大正期に製造され戦前は超特急「燕」の牽引機として大活躍したSLの名機、そしてもうひとつはメーカーいわく「チャンス来い!!」というキャッチフレーズだ。

 ともかく、上下ぶちぬきで火炎に包まればく進するSLのダイナミックな勇姿が描かれたパネルは、見る者に強烈なインパクトを与えてくれる。

 仕様は、前シリーズと同様、ボーナスオンリーのスタンダードなAタイプ。スペックは、最低設定1でも279分の1という高確率のビッグをメインに、高設定になるほどREG比率が高まるという確率設計。

 低設定でもビッグ連打による大量獲得が期待でき、高設定ではBR両ボーナス入り乱れての連チャンが楽しめる…といったところか。パチスロ「伝統ある『ペガサス』の名を封印したパル工業の新シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『C51SP』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.103】の画像3
パチスロ「伝統ある『ペガサス』の名を封印したパル工業の新シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『C51SP』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.103】の画像4

 

パチスロ「伝統ある『ペガサス』の名を封印したパル工業の新シリーズ第1弾」~4号機名機伝説~ 『C51SP』前編 【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.103】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合