NEW

JRA元クラシック候補が不可解な動き? C.デムーロが絶賛した逸材が関屋記念へ! 28年ぶりVにオールドファン大歓喜【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

JRA元クラシック候補が不可解な動き? C.デムーロが絶賛した逸材が関屋記念へ! 28年ぶりVにオールドファン大歓喜【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA元クラシック候補が不可解な動き? C.デムーロが絶賛した逸材が関屋記念へ! 28年ぶりVにオールドファン大歓喜【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
※画像:ディープモンスター/撮影=Ruriko.I

■元クラシック候補が武豊とコンビ解消!?不可解な路線変更と名門厩舎の後悔

ライター「A」:ディープモンスターがスプリント戦のUHB賞(OP)に出走登録を行ったと話題になりました。

デスク「Y」:これまで中長距離で使われていたからね。どうやら「権利獲り」を狙っての登録だったみたい。

ライター「A」:除外されたので、9月4日の丹頂S(OP)には予定通り川田将雅騎手で挑めそうですね。

デスク「Y」:以前は「これは権利獲りに失敗しちゃったんじゃない?」って思うこともあったけど、最近ではほとんど見なくなったなぁ。

ライター「A」:どんなことがあったんですか。

デスク「Y」:当時、藤沢和雄厩舎に所属していた芝の良血馬が、増沢由貴子騎手でダートに出走したんだよ。これまで縁がなかった組み合わせだったから驚いたよね。

 人気は集めたけども、掲示板に載るのが精一杯。ここからダート路線に行くのかと思いきや、翌週は芝のマイルに出ていたから、「あらら? これはやっちゃったか!?」って感じに。

ライター「A」:そこで結果が出ていたら面白かったですけどね。

デスク「Y」:ディープモンスターもスプリント戦に出てたらどうなったかなぁて思うよね。実際のところ、適性距離なんて人間が言っているだけだから。

ライター「A」:競走馬に、「お前さん、実のところはどんな感じよ? 距離長めが好き? それとも短め?」って聞くわけにもいかないですしね。

デスク「Y」:当たり前だろう! 競走馬がしゃべるわけないじゃん!!

ライター「A」:正論言われると腹たちますね……。

 

JRA元クラシック候補が不可解な動き? C.デムーロが絶賛した逸材が関屋記念へ! 28年ぶりVにオールドファン大歓喜【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像3
※画像:C.デムーロ騎手/撮影:Ruriko.I

■C.デムーロが絶賛した逸材に武豊もゾッコン!?「5年ぶり」新潟参戦にみる本気

ライター「A」:関屋記念(G3)に出走予定のディヴィーナに熱視線が送られています。

デスク「Y」:母母ハルーワスウィートで母がヴィルシーナ。オーナーである元プロ野球選手の佐々木主浩氏が惚れ込んだ血統の集大成的1頭だよね。

ライター「A」:前走のヴィクトリアマイル(G1)では11着でしたが、ここで巻き返してもらいたいですね。

デスク「Y」:佐々木氏は1968年2月22日の午前2時22分に誕生し、現役時代の背番号も22。ってことで、年始には奥様である榎本加奈子さんが「2022年は『2』が沢山なので良い年になる! と信じてます」とInstagramで言ってたよ。ここを勝って良い年の足がかりにしてほしい!! 今回は『2』に関連したことないの?

ライター「A」:とりあえずディヴィーナが入ったのは7枠11番ですね。

デスク「Y」:か~~っ。JRA様ってまったく空気読めないよなぁ。でもディヴィーナは2番に入って2勝してるし、足して2になる1枠1番でも勝ってる。今回の11番も足して2になるから、もしや!?

ライター「A」:だったら内枠が得意ってことになりません?

デスク「Y」:か~~~~~っ。

ライター「A」:ダメだこりゃ。

JRA元クラシック候補が不可解な動き? C.デムーロが絶賛した逸材が関屋記念へ! 28年ぶりVにオールドファン大歓喜【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  3. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  4. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  5. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  6. JRAソーヴァリアントを捨ててもC.ルメールが乗りたい大物!? 神戸新聞杯(G2)「低レベル説」は大間違い、勢力図一変を狙う素質馬がついにヴェールを脱ぐ
  7. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  8. ディープインパクト、メジロマックイーンら育てた名伯楽が勝率「3.6%」の大苦戦…“5頭目の正直”で問われる相馬眼
  9. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  10. JRA今村聖奈「大ブレイク」の陰で悲痛な叫び。「何のために騎手になったのか」乗鞍激減、レース開催日に”お留守番”続出