NEW

【関屋記念(G3)予想】ダノンザキッド、スカイグルーヴは切り!新潟平坦コース向きの穴馬を発見!

【この記事のキーワード】, ,

【関屋記念(G3)予想】ダノンザキッド、スカイグルーヴは切り!新潟平坦コース向きの穴馬を発見!の画像1

 今回はサマーマイルシリーズ第3戦、関屋記念(G3)を予想していく。

 先週だが、レパードS(G3)はハピが3着に入ったものの、2着は1番人気で切ったタイセイドレフォン、さらに勝ったのはノーマークのカフジオクタゴン。タイセイドレフォンは仕方ないにしても、カフジオクタゴンは改めてキャリアを見ると「なぜ押さえなかったのか」不思議にすら感じる。正直、不覚を取った。

 エルムS(G3)は◎フルデプスリーダーが見事勝利してくれたのはいいが、2着3着は自信を持って「切った」馬。特に牝馬劣勢のデータで落としたウェルドーンは「なぜ来た」という思いが強い。ブラッティーキッドは1番人気なら要注意と記したが、本当に1番人気になって4着に飛んでしまった。1番人気の呪い、このレースで連勝馬の連勝が止まる呪い、どちらも生きていたようだ。

 さて、予想に戻ろう。

 いつものようにまずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
中京記念 11頭
エプソムC 4頭
安田記念、NHKマイルC 各3頭
マイルCS、ヴィクトリアマイル、鳴尾記念、七夕賞 各1頭
オープン特別 3頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
となっている。サマーマイルシリーズのひとつとして位置づけられていることもあり、同じサマーマイルシリーズの中京記念(G3)をステップに臨む馬が目立って多い。平坦コースなのでスタミナやパワーは不要なはずだが、前走から距離短縮という馬も少なからずいる。逆に平坦コースだからこそ距離延長組もそれなりに好走できるようだ。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 3-2-3-2
2番人気 1-0-0-9
3番人気 1-0-2-7
4~6番人気 4-6-3-17
7~9番人気 1-2-2-25
10番人気以下 0-0-0-75
となっている。1番人気の成績が突出している反面、2番人気、3番人気の凡走が目立つ。近5年に絞るとさらにその傾向は顕著で、3番人気が1頭来ただけで2番人気と3番人気は壊滅状態。数字で見てもわかる通り、代わりに4~6番人気が大健闘している。「思ったより人気がない」という馬が狙い目と言えそうだ。


 これを踏まえて「◎」は人気しそうだが12番ウインカーネリアンとする。

 前走は米子S(L)。3番手からの積極的な競馬で直線から抜け出し、後続を断ち切って勝利している。

 ローテーション的に見ると、同じサマーマイルシリーズの第1戦として位置づけられており、レース間隔も中7週と悪くないのだが、なぜかここからの転戦馬の好走例がない。したがってここは強く推せないのだが、この馬に敢えて「◎」を打ったのにはワケがある。

 ひとつには前で競馬している馬が残る傾向があること。過去10年4コーナー3番手以内の馬が必ず1頭以上残っている。直線が長いので追い込み有利と思えるのだが、平坦コースということもあって、前が残るケースが多い。

 その点、この馬はハナにこだわるわけではないが、できるだけ前で競馬したい1頭。今回のメンバーは何をどう間違えたか差し・追い込み馬が揃っている。前で乱ペースに巻き込まれるようなことがなければ、この馬が残る可能性は高い。勝ち負けはさておき、馬券になる、という意味では押さえる必要のある馬だ。現状マイル戦を連勝中なのも推せる材料であり、陣営もこの2戦から馬の成長と収穫を感じているようだ。

【関屋記念(G3)予想】ダノンザキッド、スカイグルーヴは切り!新潟平坦コース向きの穴馬を発見!の画像2
リアアメリア

「○」は穴馬だが5番リアアメリアを挙げる。

 前走はマーメイドS(G3)で、終始番手につけての競馬だったが、直線で粘りきれず後ろから交わされて4着となった。

 元クラシック候補、とも呼ぶべきこの馬。2歳時にアルテミスS(G3)を勝って勢いづいたが、続く阪神JF(G1)と桜花賞(G1)は見せ場もなく敗退。オークス(G1)こそ4着と意地を見せ、秋のローズS(G2)を勝ってみせて本領発揮か、と思わせた秋華賞(G1)は13着。この後は6戦連続で掲示板すら載らない凡走続きだった。早熟だったのか「終わった馬」の印象が強い。

 だが、前走はトップハンデを背負いながら4着と1年9カ月ぶりに掲示板に載る好走を見せた。近走はマイルで良績が残っておらず、前走も2000mだったことからマイルはもしかしたら短いかもしれないが、斤量1.5kg減で出られることもあり見直す手はあると考えた。

 キャリアを眺めると切れる脚があるわけでもないが、後方からの競馬をしているケースが比較的多い。ただ、良績が残っているのは中団より前で競馬するパターンで、◎で触れたとおり前に行きたい馬が少ない今回は再び積極策を採れば残れる可能性はあろう。時計勝負にも対応できる持ちタイムがあるので、高速決着も歓迎。

 陣営からは気分良くこの馬のペースで走れれば、というコメントが出ており、また前目で競馬ができればあるいは、の一発も考えられる。

【関屋記念(G3)予想】ダノンザキッド、スカイグルーヴは切り!新潟平坦コース向きの穴馬を発見!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  3. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  4. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  5. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  6. JRAソーヴァリアントを捨ててもC.ルメールが乗りたい大物!? 神戸新聞杯(G2)「低レベル説」は大間違い、勢力図一変を狙う素質馬がついにヴェールを脱ぐ
  7. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  8. ディープインパクト、メジロマックイーンら育てた名伯楽が勝率「3.6%」の大苦戦…“5頭目の正直”で問われる相馬眼
  9. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  10. JRA今村聖奈「大ブレイク」の陰で悲痛な叫び。「何のために騎手になったのか」乗鞍激減、レース開催日に”お留守番”続出