NEW

【札幌記念(G2)展望】女王ソダシ「連覇」へ堂々出陣! ジャックドールVSパンサラッサで超ハイペース必至!?

【この記事のキーワード】, ,
【札幌記念(G2)展望】女王ソダシ「連覇」へ堂々出陣! ジャックドールVSパンサラッサで超ハイペース必至!?の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 21日、札幌競馬場では注目の札幌記念(G2)が行われる。今年は連覇を狙う白毛のアイドル、ソダシを筆頭に注目馬が目白押し。早速、今夏最大の注目と言える一戦を展望していこう。

 現役屈指の人気を誇るソダシ(牝4歳、栗東・須貝尚介厩舎)。デビュー4連勝で阪神JF(G1)を制覇、同5連勝で桜花賞(G1)制覇と、2018年に生まれた世代牝馬の女王に君臨してきた。

 昨年、無敗2冠を狙ったオークス(G1)で初黒星となる8着に敗れると、その後は巻き返しを期して挑んだのが札幌記念だった。

 ラヴズオンリーユーに次ぐ2番人気に支持された一戦は、早め先頭に立つ積極策で押し切って勝利。秋は秋華賞(G1)で再び1番人気に支持されたが、10着に惨敗。さらに初ダートのチャンピオンズC(G1)もいいところなく馬群に沈み、出口の見えないトンネルに入り込んでしまった。

 気性面の課題も浮上し「不良少女化」が叫ばれる中、陣営は今年初戦にフェブラリーS(G1)を選択。「得意のマイル戦なら」とダート続戦で再起を誓った。結果は見せ場十分の3着に好走。そして、間隔を空けて臨んだヴィクトリアマイルでのG1・3勝目につなげた。

 結果的に、芝・ダート問わず、ワンターンのマイル戦なら通用するところを見せたソダシ。今回はコーナーを4回通過する小回りコースだが、1年前にクリアしており、コース自体は問題ないだろう。あとは、秋華賞以来となる2000m戦に対応できるかどうか。昨年は52kgの軽量を味方につけたが、55kgでの出走となる今年は斤量克服もカギとなる。

 展開的には後述する逃げ馬2頭を前に見ながら3番手からの競馬が予想される。後続勢からマークを受けつつも、逃げ馬2頭を捕まえに行く役割も担う。昨年と同様に早めに仕掛けるのか、それともワンテンポ遅らせての仕掛けとなるのか。吉田隼人騎手の手綱さばきにも注目が集まる。

 展開のカギを握るのはジャックドールとパンサラッサの逃げ馬2頭だろう。

 いずれも近走は逃げて結果を出しているだけに、本来はハナを切って自分のペースに持ち込みたいところ。今回それをかなえられるのは、どちらか1頭だ。

 ジャックドール(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)は、昨年9月の1勝クラスから今年3月の金鯱賞(G2)まで怒涛の5連勝を飾った。

 6連勝を狙った大阪杯(G1)では、エフフォーリアに次ぐ2番人気に支持された。内目の絶好枠からハナを主張していったが、2番手アフリカンゴールドがこれを厳しくマーク。前半1000mが58秒8と緩みのないペースで流れた。

 大本命のエフフォーリアが馬群に沈む中、代わりに好位グループから脚を伸ばしたのがポタジェやレイパパレだった。

 結果的にジャックドールは、初のG1でマークされる厳しい競馬。それでも掲示板(5着)を確保したことに一定の評価を与えていいだろう。

 逃げ一辺倒というわけでもなく、過去には2番手追走からでも勝利経験がある。今回は同型パンサラッサを先に行かせての2番手追走が濃厚か。陣営も「形を決めずに」と話しており、激しいハナ争いとはならないはずだ。

 大目標の天皇賞・秋(G1)を見据えて、番手からの競馬を成功させることはできるか。

 パンサラッサ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、2走前のドバイターフ(G1)でロードノースと同着V。G1・2連勝を狙った前走の宝塚記念(G1)では、タイトルホルダーのマークにもあって8着に敗れた。

 昨秋以降2000m以下に限れば4連勝中で、負けたのは有馬記念(G1)と宝塚記念の両グランプリだけ。

 洋芝はこれが初めてとなるが、函館芝で行われた1週前追い切りでは軽快な動きを披露しており、合わないということはないだろう。

 札幌芝2000mは最初のコーナーまでの距離が約380m。テンのスピードが決して速いわけではないため、枠順によってはハナを奪うのに苦戦する可能性もあるが……。いずれにしても、最初のコーナーまでにいかに楽な形でハナを切って一人旅に持ち込めるかどうかだろう。

 ここまでソダシ、ジャックドール、パンサラッサの3頭を挙げたが、思いのほかペースが上がれば、差し馬にもチャンスが出てくる。特にG1ウイナーの3頭には要注意だろう。

【札幌記念(G2)展望】女王ソダシ「連覇」へ堂々出陣! ジャックドールVSパンサラッサで超ハイペース必至!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  3. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  4. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  5. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  6. JRAソーヴァリアントを捨ててもC.ルメールが乗りたい大物!? 神戸新聞杯(G2)「低レベル説」は大間違い、勢力図一変を狙う素質馬がついにヴェールを脱ぐ
  7. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  8. ディープインパクト、メジロマックイーンら育てた名伯楽が勝率「3.6%」の大苦戦…“5頭目の正直”で問われる相馬眼
  9. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  10. JRA今村聖奈「大ブレイク」の陰で悲痛な叫び。「何のために騎手になったのか」乗鞍激減、レース開催日に”お留守番”続出