NEW

【北九州記念(G3)展望】「絶好調」今村聖奈VS元相棒テイエムスパーダ!? 夏の新短距離王へナムラクレア×浜中俊が登場!

【この記事のキーワード】, ,
【北九州記念(G3)展望】「絶好調」今村聖奈VS元相棒テイエムスパーダ!? 夏の新短距離王へナムラクレア×浜中俊が登場!の画像1
ナムラクレア

 21日、小倉競馬場では荒れるハンデ重賞、北九州記念(G3)が行われる。過去10年で、1番人気馬は未勝利の一方、5番人気以下の馬が8勝している。昨年も5番人気の伏兵ヨカヨカが優勝。今年も波乱含みのメンバー構成となりそうだ。

 そんな中、中心となるのは、ナムラクレア(牝3歳、栗東・長谷川浩大厩舎)か。

 昨夏の新潟でデビューし、初戦は3着に敗れたが、2戦目のフェニックス賞(OP)を快勝。さらに小倉2歳S(G3)を勝って、重賞初制覇を飾った。秋はファンタジーS(G3)でウォーターナビレラの2着に入り、続く阪神JF(G1)で5着と掲示板を確保している。

 今年になってからはフィリーズレビュー(G2)2着、桜花賞(G1)でも3着と、世代上位の実力を如何なく発揮。その後はスプリント路線に舵を切り、函館スプリントS(G3)で古馬牡馬に挑戦し、50kgの軽量も手伝って、見事1番人気に応える重賞2勝目を挙げた。

 デビューから8戦すべて5着以内を確保しているようにとにかく崩れない安定株で、特に小倉では2戦2勝と好相性。秋の大目標に掲げるスプリンターズS(G1)に向けて、すでに賞金は加算済み。鞍上・浜中俊騎手は大一番を見据えて、どんな騎乗を見せてくれるか。

【北九州記念(G3)展望】「絶好調」今村聖奈VS元相棒テイエムスパーダ!? 夏の新短距離王へナムラクレア×浜中俊が登場!の画像2
タイセイビジョン

 ナムラクレアと同じく重賞2勝の実績を誇るタイセイビジョン(牡5歳、栗東・西村真幸厩舎)も主役候補の1頭だろう。

 これまで京王杯2歳S(G2)とアーリントンC(G3)を勝利。他にも朝日杯FS(G1)でサリオスの2着などがある。NHKマイルC(G1)でも2番人気に支持されるなど、世代屈指のマイラーである。

 3歳春のアーリントンCを最後に2年以上勝利から遠ざかっているが、いつ勝ってもおかしくない実力の持ち主。前走のCBC賞(G3)は日本レコードが飛び出した超高速馬場をテイエムスパーダが逃げ切ったが、この馬は後方追走から直線内をすくって2着を確保した。

 川田将雅騎手は「勝ち馬とは9kgの斤量差がありましたけど」とコメントしたように、勝ち馬とは決定的な斤量差と前が止まらない馬場の差も大きかった。脚質的に展開待ちのところがあるのは否めないが、ここでも実力は最上位の1頭だ。

 昨年1番人気に支持されたジャンダルム(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、5年前のホープフルS(G1)2着馬でもある。

 日本ダービー(G1)までは牡馬クラシック路線を歩み、3歳秋にマイル路線に転向。さらに昨年からはスプリント路線に切り替え、これまで重賞2勝、リステッド競走3勝を挙げている。

 4年4か月ぶりの重賞勝利を飾ったのが2走前のオーシャンS(G3)だった。好位追走から早めに抜け出すと、逃げたビアンフェを交わし、外からナランフレグの追撃をしのいだ。

 続く高松宮記念(G1)は11着に敗れたが、戦歴から右回りの方がベターか。スプリンターズSを目標に、まずは昨年1番人気を裏切った因縁のレースで結果を残したい。

 鞍上はオーシャンSで重賞初制覇を遂げた荻野極騎手。もともとゲートに課題があったジャンダルムだが、荻野極騎手が課題解消の一助になったと言われている。春に続いて前哨戦を勝利してG1へと進みたい。

【北九州記念(G3)展望】「絶好調」今村聖奈VS元相棒テイエムスパーダ!? 夏の新短距離王へナムラクレア×浜中俊が登場!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 福永祐一に“盗まれた”の声も……関西のベテラン騎手が2歳超大物「降板」の真相
  3. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  4. スプリンターズS(G1)「引退レース優勝おめでとう」から呆然…JRA関係者も予期していなかった「まさか」のラストラン
  5. JRAサトノダイヤモンドら「大苦戦」の中でリーディング首位快走! ディープインパクト後継争い尻目に「米国の刺客」から第2のジオグリフ誕生の予感
  6. JRAソーヴァリアントを捨ててもC.ルメールが乗りたい大物!? 神戸新聞杯(G2)「低レベル説」は大間違い、勢力図一変を狙う素質馬がついにヴェールを脱ぐ
  7. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  8. ディープインパクト、メジロマックイーンら育てた名伯楽が勝率「3.6%」の大苦戦…“5頭目の正直”で問われる相馬眼
  9. JRAオールカマー(G2)川田将雅「強奪」に横山武史ガックリ!? 「タイトルホルダーより上」ベタ惚れの大器と再コンビならず意気消沈…
  10. JRA今村聖奈「大ブレイク」の陰で悲痛な叫び。「何のために騎手になったのか」乗鞍激減、レース開催日に”お留守番”続出