NEW

菊花賞(G1)のダークホースに急浮上!? 遅咲きの高額牝馬がついに覚醒!

【この記事のキーワード】, ,
菊花賞(G1)のダークホースに急浮上!? 遅咲きの高額牝馬がついに覚醒!の画像1
吉田隼人騎手

 13日、札幌競馬場で行われた8Rの1勝クラスは4番人気ジェンヌ(牝3、栗東・安達昭夫厩舎)が優勝。前走の初勝利に続き、昇級初戦で連勝を決めた。

「外枠なので出たなりで行って、内に潜り込みました」

 11頭立てで行われた芝2600mのレース。鞍上の吉田隼人騎手が振り返った通り、大外枠からのスタートでやや立ち遅れたジェンヌは、道中9番手の内でじっくりと脚を溜めた。

 3コーナーにかけて捲り気味に外から進出を開始すると、4コーナーで早くも先頭に立つ。最後の直線では、2着エンドウノハナに一度は詰め寄られるももうひと伸び。後続を振り切った。

 連勝というと聞こえは良いが、これまでの道のりは決して簡単なものではなかった。

試行錯誤の末に辿り着いた長距離への挑戦

 同馬の母ユーロシャーリーンは、リアルスティールが勝ったドバイターフ(G1)で2着した実績の持ち主。そんな英国生まれの母に父ディープインパクトを配した良血ゆえに、2020年のセレクトセールにて1億5950万円という高値で取引された経歴がある。

 ところが、昨年のデビュー戦を11着と大敗すると、その後は連戦に次ぐ連敗。前走の初勝利まで実に8戦を要したことは、陣営にとっても想定外だったはずだ。

 それでも、試行錯誤の末に辿り着いた長距離への挑戦は、悩める高額馬に大きなキッカケをもたらした。

 それまでは2000m前後を中心に使われ、後方から追い込むも届かないレースが続いていたが、前走から2600mに距離を延ばしてみたことで持ち味の末脚を余すことなく発揮。ここ2戦はいずれも道中で捲り気味に上がっていき、早め先頭から押し切る「必勝パターン」が板についてきた。

 捲りというのは枠に関係なく外を回ることになるため、勝ち負けとなれば本来の距離以上に走れるスタミナが必要。捲った上に後続を突き放すのは、よほど他馬に比べて体力が突出していないと難しい。

 レース後には鞍上も「気性がのんびりしているので、長いところがあっていますね。小柄なりに馬体も安定してきたので、これからの成長が楽しみです」とコメント。まだまだステイヤーとしての可能性は計り知れないものがある。

菊花賞(G1)のダークホースに急浮上!? 遅咲きの高額牝馬がついに覚醒!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合