NEW

ヒキ次第で即パン…完走で200枚超の自力ボーナス、RT100G搭載のド安定告知マシン【パチスロ回想】

【この記事のキーワード】, ,

ヒキ次第で即パン…完走で200枚超の自力ボーナス、RT100G搭載のド安定告知マシン【パチスロ回想】の画像1

 当サイトの人気企画「パチスロ5号機回想」シリーズ。今回も“知る人ぞ知る名機”や当時の話題作などを改めて振り返りたい。

『南国美人』

 2007年1月にデビューした本機はボーナス+RTタイプ。ボーナス終了後に必ず突入する5Gの「ときめきゾーン」で「ベル・リプレイ・リプレイ」の特殊リプレイを引くことができればRT「南国タイム」へ突入する仕様で、その突入率はその「ボーナスの種類」によって変化する仕組みだ。

 ボーナスは青7ビッグ、赤7ビッグ、REGの3種類で、ビッグは約250枚、REGは約105枚の獲得可能。肝心のRT突入率は、青7ビッグ後は約2.7分の1、赤7ビッグ後は約1/7.7分、REG後は約1/14.5、期待度に換算するとそれぞれ約89.9%、約50.0%、約29.9%となる。

 そのRTは純増約0.4枚で100G継続し、終了条件は規定ゲーム数消化、もしくはボーナス成立で終了。ボーナス合算は1/237(設定1)~1/190(設定6)とやや重めで、一撃での大量獲得は容易ではないものの、BIGさえ引ければ高確率でRTへ突入するため、高設定域の安定感は抜群だった。

『新日本プロレスまでもがパチスロ機』

 同時期にリリースされた本機は、おまけ程度のRTを搭載したボーナスタイプ。ボーナスは、ビッグ(純増約310枚)、REG(純増約100枚)、後述するチャレンジボーナスの3種類で、ボーナス後は例外なく微減するRTへ突入する。

 特筆すべきは、ヒキによって獲得枚数が大幅に変わるチャレンジボーナスで、最大純増は約221枚なのに対して、タイミング次第では獲得枚数「0枚」で終了してしまう場合もあるのだ。

 終了条件は規定払い出し枚数到達のほか、シングルボーナスでも即終了。消化中は、液晶画面上で“ミスターG1”こと蝶野正洋がケンカキックを繰り出すとシングル成立→ボーナス終了だ。なお、肝心のシングルボーナス確率は設定1:1/15.97(設定1)~1/21.46(設定6)と設定に準じて低くなることから、高設定ほど完走しやすい仕組みになっている。

ヒキ次第で即パン…完走で200枚超の自力ボーナス、RT100G搭載のド安定告知マシン【パチスロ回想】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合