NEW

武豊、C.ルメール「共倒れ」で沈黙の日曜日、抜群の存在感で突き抜けたのは

【この記事のキーワード】, ,

武豊、C.ルメール「共倒れ」で沈黙の日曜日、抜群の存在感で突き抜けたのはの画像1

 小倉競馬場では小倉記念(G3)、新潟競馬場では関屋記念(G3)が行われた先週末の開催。前者は松山弘平騎手の2番人気マリアエレーナが5馬身差の圧勝を決め、後者は三浦皇成騎手の1番人気ウインカーネリアンが、待望の重賞初勝利を挙げた。

 ただ、注目度の高さでは、新潟開催に軍配が上がっただろう。なぜなら今週末の新潟では、武豊騎手とC.ルメール騎手が揃って騎乗していたからだ。そういう意味では、トップジョッキー2人の姿を見て胸を躍らせたファンも少なくなかったのではないか。

 近年の夏場で、他場より涼しめの北海道開催を拠点にしていた2人の新潟参戦は、レアケース。夏季休暇から復帰したルメール騎手は毎年、期待の大きな馬でもいなければ、函館や札幌が基本。武豊騎手にとっても、2017年8月6日以来の5年ぶりの新潟でもあった。

 ただ、期待の大きかった2人だが、全体を通して振り返れば、それほど目立った活躍はできなかった。共に2勝を挙げた13日の土曜は、悪くない滑り出しだったものの、14日の日曜は揃って未勝利と完全に沈黙してしまったからだ。

 いずれ劣らぬトップジョッキーに新潟の“経験不足” はおそらく無関係。 “里帰り” となる今週末の札幌で巻き返したいところである。

武豊、C.ルメール「共倒れ」で沈黙の日曜日、抜群の存在感で突き抜けたのはの画像2
横山武史騎手

札幌競馬で縦横無尽の独り勝ちを演じた横山武史騎手

 これに対し、先週末の開催で一際活躍が目立ったのが、札幌競馬で縦横無尽の独り勝ちを演じた横山武史騎手だ。主役となるはずだった春G1で思うような結果を残せなかったものの、夏の北海道で見違えるような絶好調ぶりを見せている。

 世界選抜チームの一員として、ルメール騎手と英国のシャーガーカップに参戦した関係で8月1週の騎乗こそなかったが、2週目は土日で19鞍に騎乗して7勝2着1回3着6回の好成績をマーク。ついに全国リーディングを独走している川田将雅騎手の98勝に12勝差まで詰め寄る86勝を挙げている。

 昨年まで5年連続で全国リーディングジョッキーだったルメール騎手が苦戦している今年、自身初のリーディング獲得を目論む川田騎手にとっても、徐々に大きくなりつつある後ろからの足音が気になる頃だ。

 ただ、追撃したい横山武騎手もうかうかしていられない。

 先週こそ武豊騎手とルメール騎手が新潟にいたため、多くの有力馬を確保できたが、今週末からは、札幌で両者との激突が待っている。

 今週の目玉となる札幌記念(G2)には、ルメール騎手がグローリーヴェイズ、武豊騎手がマカヒキ、そして横山武騎手がアラタに騎乗を予定。避暑地といわれる札幌だが、ソダシやジャックドール、パンサラッサなども参戦するだけに、最もアツイバトルが見られるかもしれない。

高城陽

〈著者プロフィール〉

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

武豊、C.ルメール「共倒れ」で沈黙の日曜日、抜群の存在感で突き抜けたのはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合