NEW

C.ルメールやM.デムーロでも逆効果……絶不調トレーナーが札幌記念で勝負気配

C.ルメールやM.デムーロでも逆効果……絶不調トレーナーが札幌記念で勝負気配の画像1

 8月2週目も終了し、夏競馬もいよいよ大詰めを迎えている。

 14日終了時点でのリーディングをみると、調教師部門でトップを走るのは関西の名門・池江泰寿厩舎だ。

 池江厩舎といえば、あの3冠馬オルフェーヴルを育て上げ、過去に全国リーディングを3度も獲得しているトップステーブル。昨年は12位に終わり、長年ランクインしていたトップ10から陥落したものの、今年は息を吹き返すような活躍ぶりを見せている。ここまでG1勝利こそないが、重賞はすでに4勝と好調が目立つ。

 その一方で、不振にあえぐのが関東の手塚貴久厩舎である。

49連敗を喫する大スランプも

 1999年に開業した手塚厩舎は、これまで全国リーディングでは2015年の9位が最高だったものの、昨年はキャリア初の5位にランクイン。夏には同じ関東の大竹正博厩舎が調教停止処分を受けた影響で、約2か月間に渡り預ることになった管理馬58頭のうち、5頭で勝利を挙げたのも好調に拍車をかけたかもしれない。

 とはいえ、重賞ではG1・2勝を含む7勝を挙げるなど、関東1位の国枝栄厩舎(重賞6勝)をしのぐ活躍。昨年同様、更なる飛躍をファンも期待していたはずだ。

 ところが、今年は一転して不調が続いている。重賞は20戦して未勝利で、全国リーディングも54位と大きく低迷。一時は、5月から7月にかけて49連敗を喫する大スランプも経験した。

C.ルメールやM.デムーロでも逆効果……絶不調トレーナーが札幌記念で勝負気配の画像2
C.ルメール騎手

 では何故、昨年あれほど好調だった手塚厩舎が、ここまでの不振に陥っているのか。その背景には、勝ち頭であったC.ルメール騎手の不調が影響しているかもしれない。

 昨年は手塚厩舎の全45勝の内、約3分の1に及ぶ13勝を挙げたルメール騎手。重賞でもシュネルマイスターとのタッグでNHKマイルC(G1)や毎日王冠(G2)を制した。コンビでの成績は「13-6-2-6/27」で勝率48.1%と驚異的な数字をマークしていた。

 しかし、そんな頼りのルメール騎手が今年は手塚厩舎の管理馬で僅か3勝のみ。自身も今年の重賞勝利はスターズオンアースのオークス(G1)のみで、全国リーディング6位と振るわない。そういったことも、手塚厩舎には大きな痛手となっているだろう。

C.ルメールやM.デムーロでも逆効果……絶不調トレーナーが札幌記念で勝負気配のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合