NEW

「幻のダービー馬弟」が武豊と初陣! オーナーは勝ち上がり率「100%」の新星

【この記事のキーワード】, ,

「幻のダービー馬弟」が武豊と初陣! オーナーは勝ち上がり率「100%」の新星の画像1

 怪我に泣いた兄の無念を晴らせるだろうか。

「幻のダービー馬弟」が武豊と初陣!

 昨年のセレクトセール1歳セッションにおいて1億4850万円(税込)で取引されたフォトンブルー(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎)が、武豊騎手を背に28日の札幌・芝1800mでデビューを予定していることが分かった。

 同馬は父ハーツクライ、母シルヴァースカヤということで、今は種牡馬として活躍しているシルバーステートの半弟にあたる血統だ。

 兄のシルバーステートは現役時、初戦こそ2着に敗れたものの、続く未勝利戦と紫菊賞(500万下・当時)を連勝。一躍クラシックの主役候補にまで躍り出たが、屈腱炎を患ってしまい長期休養を余儀なくされることに。

 約1年7ヶ月ぶりの復帰戦を白星で飾ると、次戦の垂水S(1600万下・当時)でも勝利を収めたが、屈腱炎を再発。志半ばでターフに別れを告げた。

 キャリア5戦全てで手綱を務めた福永祐一騎手は後に「そのエンジン性能にボディが持たなかった」と語っており、ファンの間では「未完の大器」「幻のダービー馬」などと呼ばれるようになったのもある意味当然か。

 スタッドイン後も初年度から191頭の繁殖牝馬を集める人気ぶりで、3連勝でファンタジーS(G3)を制したウォーターナビレラなどの活躍馬を1年目から輩出している。

 今回のフォトンブルーは、そのウォーターナビレラで兄に初重賞のタイトルをプレゼントした武豊騎手とコンビを組み、手掛けるのも同じく武幸厩舎ということから、何かしら不思議な縁のようなものを感じなくもない。

 陣営はフォトンブルーについて「全体的に緩いけど、動きはいいね。距離もあっていいし、おとなしくて何の癖もない」と、『スポーツ報知』の取材にコメントを残している。初陣でどのような走りを見せてくれるのか楽しみにしたい。

 そんな期待馬フォトンブルーを所有するのが、今年が馬主歴1年目の新鋭オーナー・TNレーシングだ。

「幻のダービー馬弟」が武豊と初陣! オーナーは勝ち上がり率「100%」の新星のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合