NEW

JRA新潟2歳S、リバティアイランド回避で浮上した本命馬と極穴馬!

【この記事のキーワード】,
JRA新潟2歳S、リバティアイランド回避で浮上した本命馬と極穴馬!の画像1
昨年はセリフォスが優勝したが、今年は大混戦

■札幌記念の次に注目すべきは新潟2歳S

 ソダシ、ハヤヤッコ、ジャックドール、パンサラッサなどの豪華メンバーで大盛り上がりとなった夏の祭典・札幌記念(G2)が終わり、夏競馬も残り2週を残すのみとなった。

 今週は年末の2歳G1や来年のクラシックに向けて注目の新潟2歳S(G3)、そしてサマースプリントシリーズの重要な一戦であるキーランドC(G3)が行われるが、それにしても今年の夏競馬は波乱続出といった印象が強い。

 夏の重賞1番人気連敗記録を12に更新した小倉記念(G3)は1番人気ジェラルディーナが敗退しただけではなく、2着に10番人気ヒンドゥタイムズが激走。1番人気ウインカーネリアンが勝利して連敗記録が途絶えた関屋記念(G3)も、12番人気シュリが2着に激走。このように多くの重賞レースで穴馬が万馬券を演出しており、誰もが夏競馬の難解さに悩まされたのではなかろうか。

 そんな重賞レースの穴馬探しに大きな武器となるのが、今年200本以上の万馬券を的中させている万馬券ハンター、「暴露王」が無料で公開している【極穴重賞直前リポート】だ。

 暴露王は東西トレーニングセンターで活動する凄腕記者達と提携し、一般的なマスコミでは入手できない“本物の穴馬情報”を独占的に入手している。彼らが特別な存在なのは、厩舎関係者とは長年に渡って積み上げてきた信頼があり、家族のような人間関係があるからだ。ゆえにその関係者達は、他のマスコミには語らない本音を凄腕記者達にだけ伝えているという。

 その情報力と実績は驚きの一言。直近の8月14日には2本の10万馬券を的中させるなど、この夏競馬で早くも4本の10万馬券を的中。そして8月16日現在、2022年の累計で204本もの万馬券を仕留めるという、競馬ファンの常識をはるかに超える成績を残している。

JRA新潟2歳S、リバティアイランド回避で浮上した本命馬と極穴馬!の画像2
この夏10万馬券を何本も的中させる驚異の情報力

 そんな暴露王が競馬ファンに無料で公開している【極穴重賞直前リポート】は、多くの穴馬の激走を見抜き、ファンに数多くの的中を届けている。例えばエプソムC(G3)では8番人気2着ガロアクリーク、七夕賞(G3)では6番人気1着のエヒト、そしてレパードS(G3)では7番人気1着カフジオクタゴンなど。どの馬も万馬券に直結するマスコミノーマークの穴馬であり、ここに暴露王が持つ情報の確かさを知ることができる。

 なお、これらの実績は今年だけのものではなく、昨年も8番人気でCBC賞(G3)を勝利したファストフォースや、エルムS(G3)では4番人気1着スワーヴアラミス、7番人気2着オメガレインボーでワンツーフィニッシュとなるなど、暴露王の【極穴重賞直前リポート】は難解な夏競馬で毎年多くの結果を出している。

 ここまでの実績を残している暴露王の【極穴重賞直前リポート】ならば、今週行われる新潟2歳Sの穴馬探しにもってこいといえるだろう。今年の新潟2歳Sは傑出馬不在の大混戦。昨年優勝したセリフォスや、過去に優勝したハープスターのようなG1級の中心馬が見当たらず、マスコミの記事を見てもどの馬が中心なのかわからない。しかし暴露王はすでに新潟2歳Sにおける激走必至の穴馬情報を把握しているとのこと。その穴馬についてコメントを求めたところ、想像以上の解答が届いた。

出走すれば断然人気に支持されていたであろう、リバティアイランドの回避で混戦模様になりました。見方を変えればどの馬にもチャンスがあるわけで、一部の陣営にとってはかなりの勝負レースになっています。

 そういった陣営の思惑としては、ライバルがいないここで賞金の加算を目論む厩舎や、重賞実績のない関係者(馬主、調教師、騎手)が重賞初勝利を狙っているケースもあります。彼らに共通しているのは、それらの本音をマスコミには話さないということ。というのも、各関係者は他の陣営からマークされるのを避けるため、自信度や作戦など重要な要素をマスコミに明かさないからです。

 マスコミを通じて本心が知られてしまえば、他の陣営からのマークが厳しくなり、好走するチャンスが少なくなってしまいます。より好走するチャンスを広げるため、人気薄で激走を狙う陣営は本音をマスコミに明かさないのです。よって取材を通じてスポーツ紙や競馬専門紙などに掲載されるコメントは、あくまでも表面的なものであり、本音は別にあると考えてください。

 そしてそれら関係者の本音を入手できるのが、彼らと親密な関係にある暴露王と提携する凄腕記者達なのです。彼らは入手した情報を、表舞台のマスコミでは発表できません。他の陣営に知られてしまう、新聞上での公開は禁止されていますから。しかし唯一、直接ファンと繋がっている暴露王を通じてのみ、その情報を公開することができるのです。

 暴露王が公約とする年間300本以上の万馬券的中の理由はそこにあるのです。この夏は4本の10万馬券を的中させるなど、凄腕記者の入手した情報が絶好調。年間万馬券的中数も200本を超え、昨年の342本を上回ることを目指しています。もちろん残り2週間となった夏競馬で万馬券の上積み、さらに昨年の夏も的中させた20万馬券級の高配当的中を目指しています。

JRA新潟2歳S、リバティアイランド回避で浮上した本命馬と極穴馬!の画像3
昨年は衝撃の27万馬券を的中!今年の夏も高額万馬券的中は目前!

 そして今週行われる新潟2歳Sは、まさに高額万馬券の的中が視野に入る内部情報が届いています。特筆すべきは、前走の成績や所属厩舎、そして鞍上からかなりの人気薄となっている穴馬がいること。この馬が情報通りに馬券に絡めば高配当は必至。一方で、鞍上や血統から過剰に注目されている危険な人気馬も存在するというのも、このレースが荒れると判断できる根拠となっています。

 夏の2歳重賞は情報やデータが少なく、予想しにくいというイメージがありますが、確かな情報があればこれほど狙いやすいレースもないと言えます。そこでこの新潟2歳Sは、この夏多くのレースで結果を出している【極穴重賞直前リポート】の無料公開、そしてそのまま買うだけで万馬券が狙える【3種勝負馬券(3連単・3連複・馬単)】の無料提供を実施します。

 残り2週間となった夏競馬で美味しい思いをしていただくため、そして3週間後に迫った秋競馬の資金を稼いでいただくため、今回の無料企画は今まで以上に力が入っています。ぜひ多くのファンに参加していただきたいですね」(暴露王スタッフ)

 この話を聞くだけでも、彼らの情報レベルの高さ、そして提携する凄腕記者達への信頼の高さが伺える。重賞レースでことごとく1番人気が敗退しているように、マスコミの信頼度が低下していることは多くの競馬ファンも肌で感じているだろう。難解な夏競馬で必要なのは、マスコミではなく暴露王の情報だということを認めるべきだろう。

 今週の新潟2歳Sで今までのようにスポーツ紙や競馬専門紙を参考にしても、不的中という同じ轍を踏むだけ。しかし今回は、暴露王が無料で提供する【極穴重賞直前リポート】【3種勝負馬券】がある。負の連鎖から抜け出し、夏競馬の勝ち組となるためにも、まずはこの「無料情報」を利用することから始めよう。

CLICK→無料公開【新潟2歳S「3連単・3連複・馬単」&「極穴直前リポート」】暴露王

※本稿はPR記事です。

JRA新潟2歳S、リバティアイランド回避で浮上した本命馬と極穴馬!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合