NEW

札幌記念「激流」で人気馬総崩れも……狙い撃ちしたい絶好の「穴馬」はこれ

【この記事のキーワード】, , ,
札幌記念「激流」で人気馬総崩れも……狙い撃ちしたい絶好の「穴馬」はこれの画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 21日、札幌競馬場では札幌記念(G2)が行われる。今年はディフェンディングチャンピオンのソダシを含め、ジャックドール、パンサラッサによる3強ムードの様相だ。

 競馬ファンの頭を悩ませる要素の1つとして、この3頭がいずれも逃げ・先行脚質であることが挙げられるだろう。さらに、各馬とも若干の不安要素がある。

 ソダシは昨年の勝ち馬とはいえ、ベストの舞台はやはりG1・3勝を挙げているワンターンの芝1600mと思われる。また、斤量が前年より3キロ増加するのも気になるところだ。

 パンサラッサも2000mで重賞勝ちはあるが、理想は海外G1も制覇している1800mか。ジャックドールは今回、約4ヶ月半の休み明けが1つのポイントとなってくるだろう。

 ハナを奪うのは恐らく宝塚記念(G1)でハイペースを演出したパンサラッサだろうか。ただ、ジャックドールやユニコーンライオンに競り掛けられるようだと、苦しい展開になりそうだ。

 必要以上に前がやりあう展開となれば、これらをマークするソダシも激流に巻き込まれる可能性も出てくる。そうなると、人気馬が全滅まではいかなくとも、一角が崩れて思わぬ伏兵の台頭があっても不思議ではない。

狙い撃ちしたい絶好の「穴馬」は…

 そこでぜひ狙い撃ちしてみたい穴馬が、レッドガラン(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 今年で7歳を迎えた古豪は、年明け初戦の中山金杯(G3)を2馬身半差で完勝し重賞初制覇。続く2戦は惜しくも敗れたが、前走の新潟大賞典(G3)ではトップハンデを物ともせず2つめのタイトルを手にした。

 その前回は、前半1000m通過58秒5の速い流れのなかで、好位5番手を追走。最後の直線では先を行くモズナガレボシをねじ伏せるように捕らえ、後続の追い上げも封じ込む強い競馬で勝ちきっている。

 ちなみに勝ちタイム1分57秒7は、同レースにおいて歴代2位タイの好時計でもあった。もはや完全に充実期を迎えたといっていいだろう。

札幌記念「激流」で人気馬総崩れも……狙い撃ちしたい絶好の「穴馬」はこれのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合