NEW

JRA札幌記念(G2)「1番人気10連敗」ソダシにモーリスの陰?

【この記事のキーワード】, ,
JRA札幌記念(G2)「1番人気10連敗」ソダシにモーリスの陰?の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 今週は伝統の札幌記念(G2)である。1997年からG2に格上げされ、今年で58回となる北海道開催の象徴ともいえる重賞レースだ。いずれはG1へ昇格といった声もあるが、今年もG1級の豪華メンバーが揃った。

 白毛の女王ソダシといとこのハヤヤッコ、中距離界の実力馬であるパンサラッサとジャックドール。さらに香港のG1を2勝しているグローリーヴェイズ、オークス馬ユーバーレーベン、日本ダービー馬マカヒキ、ウインマリリン、ユニコーンライオンなど、芝2000mのG1レースである大阪杯に匹敵する顔ぶれだ。

 過去の優勝馬を見てもエアグルーヴ、セイウンスカイ、ファインモーション、ヘヴンリーロマンス、アドマイヤムーン、アーネストリー、トーセンジョーダン、ハープスター、ブラストワンピース、ネオリアリズムなど中距離路線を代表する名馬がズラリ。

 それだけに、さぞかし1番人気が強いレースだと思われるが、意外にもこの札幌記念は過去10年で1番人気は10連敗中なのである。

■札幌記念で敗退した1番人気馬(2012~2021年)

2021年 ラヴズオンリーユー(2着)
2020年 ラッキーライラック(3着)
2019年 フィエールマン(3着)
2018年 マカヒキ(2着)
2017年 ヤマカツエース(3着)
2016年 モーリス(2着)
2015年 トーホウジャッカル(8着)
2014年 ゴールドシップ(2着)
2013年 ロゴタイプ(5着)
2012年 ダークシャドウ(2着)


 ここ2年はラヴズオンリーユーやラッキーライラックの牝馬が期待に応えられず、そしてゴールドシップやマカヒキなどクラシックホース達も1番人気で敗退している。夏のこの時期のレースだからか、それとも次のレースを見据えた仕上げだからか、あるいは札幌の洋芝という条件が合わないのか、敗因は様々であろう。

 いずれにせよ1番人気が勝てていないという現実は、決して軽視すべきものではない。

 今年の1番人気候補はソダシ、ジャックドール、パンサラッサだろうが、おそらく白毛の人気も相まって、昨年の優勝馬でヴィクトリアマイル(G1)を圧勝したソダシが1番人気に支持されると思われる。

 昨年は後にブリーダーズCフィリー&メアターフ(G1)を制したラヴズオンリーユーに先着して勝利。懸念された2000mの距離も克服し、札幌の芝コースは札幌2歳S(G3)を含む2戦2勝の好相性。ゆとりのあるローテーションで状態に大きな不安はなく、かなりのチャンスがあると見込まれる。G2に格上げされて以降、このレースを連覇したのは1997年と1998年のエアグルーヴのみ。同馬以来の快挙となるか注目である。

 しかし1番人気が10連敗という事実から見ても、ソダシが危険な人気馬になることは間違いない。果たしてソダシがこの連敗記録を止めることができるのか、それとも不の流れに逆らえず敗退してしまうのか。

 ここで気になる馬がいる。それが2016年にこのレースを断然の1番人気で敗退したマイル王モーリスだ。

JRA札幌記念(G2)「1番人気10連敗」ソダシにモーリスの陰?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合