NEW

JRA札幌記念(G2)「1番人気10連敗」ソダシにモーリスの陰?

【この記事のキーワード】, ,

 モーリスは前走の安田記念(G1)で2着に惜敗したものの、マイルのG1レースを4連勝するなど、圧倒的なマイル実績を残してきた。2000mとなった札幌記念で敗退したが、次走の天皇賞・秋(G1)を勝利したことから距離よりも、前走までマイル戦を使ってきた影響が大きかったと考えられる。となれば、同じマイル路線を歩んできたソダシも少なからず影響はあるだろう。


・モーリス 札幌記念までの2戦と札幌記念の着順

チャンピオンズマイル(G1)1600m 1着
 ↓
安田記念(G1)1600m 2着
 ↓
札幌記念(G2)2000m 2着


・ソダシ 札幌記念までの2戦

フェブラリーS(G1)1600m 3着
 ↓
ヴィクトリアマイル(G1)1600m 1着
 ↓
札幌記念(G2)2000m ?着


 ソダシは昨年に札幌記念を勝利して2000mの距離は克服したかと思える。だが、その大きな勝因は52kgの斤量に恵まれたこと。そして向正面から先手を取って押し切る奇襲が成功したこと、さらに当時はまだ他馬からマークされるほどの存在ではなかったことも大きい。

 だが今年はディフェンディングチャンピオンであり、マークを受けるのは間違いない。しかも昨年と比べて今年は出走頭数が多く、ライバルのレベルも上。昨年は途中から先手を取り押し切ったが、今年はパンサラッサやジャックドールが存在し、厳しい流れとなるのは明白だ。昨年のような作戦は通用しないだろう。

 昨年は2400mのオークス(G1)から距離短縮で挑んだ一戦だったが、今年は1600mのヴィクトリアマイルから距離延長となるレース。モーリスのようにマイルG1を3勝とマイル寄りの実績であること、そして1600mから2000mへの距離延長は、おそらくソダシにとってプラスではない。

 連覇を果たしたエアグルーヴの再現を期待する声もあるが、 エアグルーヴは牝馬ながら天皇賞・秋を勝利し、ジャパンC(G1)2着、有馬記念(G1)3着など牡馬顔負けの成績を残してきた。そして札幌記念も4歳と5歳に、55kgと58kgでともに1番人気で勝利という女傑であった。ソダシは牝馬限定のマイルG1を3勝と、中距離よりもマイル寄りの成績に傾倒していることもあり、エアグルーヴとはタイプが異なる。

 過去の札幌記念において、1番人気で勝利したエアグルーヴと1番人気で敗退したモーリス。エアグルーヴに続く連覇が期待されつつも、ソダシのイメージが重なるのはやはりモーリスと言えるだろう。

 この夏最大の注目レースである札幌記念。ファンの注目を集めるソダシの好走に期待したいところだが、現状では不安要素の方が大きい。

仙谷コウタ

〈著者プロフィール〉

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

JRA札幌記念(G2)「1番人気10連敗」ソダシにモーリスの陰?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合