NEW

「香港専用機」グローリーヴェイズが秘める“札幌巧者”の可能性

「香港専用機」グローリーヴェイズが秘める札幌巧者の可能性の画像1
グローリーヴェイズ

 21日、札幌競馬場ではサマー2000シリーズの第4戦・札幌記念(G2)が行われる。

 1着賞金7000万円は国内のG2レースの中で最高額。夏の中距離王を決める戦いのひとつでありながら、秋のG1戦線を見据えたトップホースたちの始動戦としても選ばれやすく、“スーパーG2”と呼ばれることもある大一番だ。

「香港専用機」が札幌記念に参戦

 今年もG1馬が5頭も参戦を表明するなど、その名に恥じない好メンバーが集結。その中で最長タイとなる「中20週」の間隔を空けてこの舞台に臨むのが、グローリーヴェイズ(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)である。

 前走は3月にメイダンで行われたドバイシーマクラシック(G1)に臨み、15頭中8着と敗戦。約5カ月ぶりの今年2戦目が、今回の札幌記念となる。

 同馬は2019年の香港ヴァーズ(G1)を勝って、海外でG1初制覇を達成。昨年も計4走のうち国内のレースは金鯱賞(G2)が4着、オールカマー(G2)が3着だったのに対し、香港ではクイーンエリザベス2世カップ(G1)で2着、そして香港ヴァーズで2年ぶり2度目の勝利と安定感抜群のパフォーマンスを披露。その極端な戦歴から、今や一部のファンから「香港専用機」と呼ばれるようにもなった。

 しかし、その「香港専用」という特性は、今回の舞台においてプラスとなる可能性が大いにある。

 グローリーヴェイズが1着2回・2着1回と好走している香港のシャティン競馬場といえば、急坂のない「平坦コース」であり、レースは「右回り」で施行される。加えて、芝コースは「洋芝」を使用。このすべての条件に当てはまるのが、今回の舞台である札幌競馬場の芝コースなのだ。

 また、あらためて戦歴を振り返ってみると、香港以外の重賞勝ちは2019年の日経新春杯(G2)と2020年の京都大賞典(G2)で、これも「右回り」の「平坦コース」である京都競馬場で挙げたもの。これらの条件が同馬のベストパフォーマンスを引き出すために重要なポイントとなっていることは、馬柱から察しが付く。

 その一方で、懸念材料も存在する。まずは2000mという距離への対応だ。

 2度の勝利を挙げている香港ヴァーズをはじめ、京都大賞典も、それから日経新春杯も、古馬になって勝った大きなレースはすべて芝の2400mという舞台設定で行われたレースであった。

 そこで最近の芝の2000m戦を見てみると、昨年は金鯱賞で4着と敗戦。ただし、これは中京の「左回り」のコースで、かつ直線には「急坂」があるという適性と真逆のレースだったため、情状酌量の余地はあるだろう。

 そこから続戦した香港のクイーンエリザベス2世カップも2着。得意舞台でも勝てていないじゃないか!とツッコミを入れられてしまうかもしれないが、この時に敗れた相手は後にアメリカのブリーダーズカップ・フィリー&メアターフ(G1)と香港カップ(G1)を連勝するラヴズオンリーユーであった。その強敵と0秒1差の2着であれば、2000mへの距離短縮もさほど割引く必要はないはずだ。

「香港専用機」グローリーヴェイズが秘める“札幌巧者”の可能性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合