NEW

J.モレイラ騎手「呆然」の不合格から4年。世界の名手が日本へ「本気」になるサインとは

J.モレイラ騎手「呆然」の不合格から4年。世界の名手が日本へ「本気」になるサインとはの画像1
M.デムーロ騎手

 大手競馬ポータルサイト『netkeiba.com』にて16日に公開された『Road to No.1 M.デムーロ 世界一になる』で、JRA騎手免許試験を受験した当時を振り返っているM.デムーロ騎手。詳細はぜひ本企画をご覧いただきたいが、1人の騎手が外国で騎乗するということは、やはり一筋縄ではいかないようだ。

 例えば、今春の米ケンタッキーダービー(G1)でクラウンプライドに騎乗したC.ルメール騎手が日本のNHKマイルC(G1)に騎乗できなかったように、外国で騎乗するということは必然的に自国の同時期のレースに騎乗することができない。

フランスの調教師が不満を露わに…

 当時のルメール騎手のように1週だけならまだその影響も小さいかもしれないが、他国で短期免許を取得して数か月騎乗するとなれば、自国の関係者への影響は期間に比例して大きくなる。

「フランスの調教師、めっちゃ怒ってたね」

 かつて何度も短期免許で来日し、日本の競馬ファンを沸かせてきたデムーロ騎手だが、当然その間、一方の関係者は「デムーロ不在」の影響を受けるというわけだ。仮に主戦を務めていた馬なら新たなジョッキーを探さねばならず、このフランスの調教師が不満を露わにするのも仕方がないというものだろう。

 長期遠征する騎手には新たなステージで刺激や経験を得られるだけでなく、場合によってはデムーロ騎手やルメール騎手のように、そこへ残りの騎手人生を捧げられるような“出会い”が待っているケースもある。

 ただその一方で、やはり自国の競馬への影響は大きいのかもしれない。

J.モレイラ騎手「呆然」の不合格から4年。世界の名手が日本へ「本気」になるサインとはの画像2
大野拓弥騎手

「現在、大野拓弥騎手がフランスへ長期遠征を敢行していますが、その存在を忘れてしまっているファンもいるのではないでしょうか。ほぼ毎年のように50勝以上を記録し、中堅騎手として多くのファンに親しまれている有力ジョッキーでさえ、たかだか約2か月間の不在でその存在感が大きく失われてしまうのは、騎手にとってはちょっとリスキーですよね」(競馬記者)

 無論、すでに絶対的な存在となったルメール騎手なら、多少“バカンス休暇”を取っても影響はほぼ見られない。だが、長期遠征から帰国後の騎乗が約束されている騎手は、ほんの一握りだ。場合によっては、積み上げてきたものを手放さざるを得ず、一から出直しということにもなりかねない。

 武豊騎手や川田将雅騎手など、海外武者修行を経てトップジョッキーに上り詰めている事実がある中、多くの若手ジョッキーが長期の海外遠征に二の足を踏んでいるのは、そういった事情があるためだ。

 そう考えると、逆に毎年のように短期免許で来日している様々な外国人騎手たちは、本当に大丈夫なのだろうか。

J.モレイラ騎手「呆然」の不合格から4年。世界の名手が日本へ「本気」になるサインとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合