NEW

【札幌記念(G2)予想】ソダシは押さえまで。逃げ・先行に目が集まる中で「隠れ」札幌巧者が穴を開ける!

【この記事のキーワード】, ,

【札幌記念(G2)予想】ソダシは押さえまで。逃げ・先行に目が集まる中で「隠れ」札幌巧者が穴を開ける!の画像1

 今回は夏競馬の大一番となる重賞、札幌記念(G2)を予想していく。

 先週だが、まず関屋記念(G3)は◎ウインカーネリアンが来たのはいいが、2着シュリは想定外で3着が切ったダノンザキッド。2着に関してはローテーションもダメ、近走成績も見るべきものがない、と完全にノーマーク。これは致し方ない。ダノンは予想にも書いたがすべての歯車がかっちり噛み合った結果なのだろう。とは言え、斤量にハンデがあったわけでなく、メンバーが一定以上のメンツだったとは言えG3戦。それで3着なので、やはり早熟な馬だったのだろう。自分の中ではすっかり「過去の馬」である。

 小倉記念(G3)は△マリアエレーナが予想以上に強い勝ち方をしたが、2着ヒンドゥタイムズはノーマーク、3着ジェラルディーナは切っていた。ヒンドゥタイムズは4走前に重賞3着があったので、もう少し検討すべきだった。ジェラルディーナは展開がハマったとしか思えない。G3のこのくらい手薄なメンバーでもここまでなので、現状では重賞タイトルには手が届かないのではなかろうか。

 さて、予想に戻ろう。

 いつものようにまずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
函館記念 7頭
安田記念 5頭
宝塚記念、海外遠征 各3頭
天皇賞・春、オークス、目黒記念 各2頭
日本ダービー、ジャパンC、大阪杯、鳴尾記念、エプソムC、クイーンS 各1頭
となっている。G2格付けなので当然と言えば当然だが、条件戦からの挑戦はゼロ。全馬前走は重賞である。函館記念(G3)からの転戦が多いが、北海道でそのまま使う馬が多いせいもあるだろう。近年は前走G1組が幅を利かせている感がある。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 0-5-3-2
2番人気 5-0-1-4
3番人気 1-0-0-9
4~6番人気 4-2-3-21
7~9番人気 0-2-2-26
10番人気以下 0-1-1-51
となっている。1番人気と2番人気がほぼ鉄板の勢いだ。この2頭を買っておけば高確率で馬券になる可能性を感じさせる数字である。近5年でも2番人気3勝、1番人気は毎年馬券に絡む活躍を見せている。注目したいのは、1番人気が過去10年で1勝も挙げていないこと。馬券の軸にはなり得るが、勝つ前提で馬券を買うと痛い目に遭う可能性が高い。一方で、中穴クラスの馬が多く馬券に絡むので、人気の軸から中穴へ流すという考え方がいいのだろう。


 これを踏まえて「◎」は穴っぽいところで16番アンティシペイトとする。

 前走は七夕賞(G3)。後方から徐々に進出する競馬で、直線でも前をよく追い上げたのだが届かず3着に終わっている。

 春の福島で1勝を挙げ、続く夏の福島では重賞で3着と好成績を収めているので、平坦小回りが得意かと思いきやそうでもなく、どの競馬場でも万遍なく好走歴がある。ただ、札幌に関しては特別で、3走して2勝2着1回とパーフェクト連対。走る時期が限られているせいもあるが好相性を示している。

 ローテーション的には七夕賞からの転戦組に好走例がないので割引だが、脚質も追い込み一辺倒というわけではなく、好位差しや前粘りなど展開に左右されない強みがある。前走より大幅に相手が強くなるが一発があっても不思議はなかろう。


「○」は人気の一角だが4番ジャックドールを挙げる。

 前走は大阪杯(G1)。先手を取ってハナを切るもアフリカンゴールドのマークにあって自分のペースを作れず、オーバーペースになった結果粘りきれず5着に終わった。

 この馬はデビューから一貫して2000mを使われてきたスペシャリスト。そのせいもあってか持ち時計も優秀で2走前の金鯱賞(G2)では極限に近いスーパーレコードを叩きだして勝利している。ただ、ここで注目したいのは、同型のパンサラッサと違って道中は決してハイペースの逃げを打たないこと。上記の金鯱賞にしても1000m通過は59.3秒と平均かそれより遅いペースだった。

 陣営も同型有力馬の存在に気を揉んでいるようだが、札幌記念の場合、洋芝を敷いてあることもあってそもそも高速決着しにくい。パンサラッサがいつものように先手を取ったとしても、ハイペースで逃げれば洋芝のせいであっさりスタミナを消耗する可能性も。むしろ出番があるのはジャックドールの方だと見ている。

 このレースは逃げ・先行優勢というほどではないが、それなりに前が残っている。大阪杯で逃げ負けたとは言え掲示板を確保しているあたり、並みの逃げ馬ではないことは証明されただろう。時計勝負にならない札幌でいいペースで走れる条件は揃ったと見て押さえたい。

【札幌記念(G2)予想】ソダシは押さえまで。逃げ・先行に目が集まる中で「隠れ」札幌巧者が穴を開ける!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  3. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  4. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  5. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  9. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  10. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」