NEW

【北九州記念(G3)予想】ナムラクレア・アネゴハダは余裕の切り!前走データから拾った「走り頃」の穴馬で10万馬券を狙う!

【この記事のキーワード】, ,

【北九州記念(G3)予想】ナムラクレア・アネゴハダは切り!前走データから拾った「走り頃」の穴馬で10万馬券を狙う!の画像1

 今回はサマースプリントシリーズも折り返しの第4戦・北九州記念(G3)を予想していく。

 いつものようにまずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
アイビスSD 8頭
CBC賞 7頭
バーデンバーデンC(OP)、佐世保S(3勝クラス・佐世保特別含む) 各4頭
高松宮記念 2頭
オークス、葵S、NST賞(OP)、水無月S(3勝クラス)、九州スポーツ杯(2勝クラス) 各1頭
となっている。手頃なレース間隔で同じサマースプリント重賞ということもあって、アイビスSD(G3)とCBC賞(G3)からの転戦が多い。G3格付けの割りに条件戦からの転戦馬が少ないので、レースレベルが決して低くはないということなのだろう。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 0-3-0-7
2番人気 1-0-2-7
3番人気 1-1-1-7
4~6番人気 3-3-3-21
7~9番人気 5-0-1-24
10番人気以下 0-3-3-74
となっている。とにかく上位人気がアテにできない。近5年でも1番人気2着1回、2番人気3着1回、3番人気1勝2着1回と馬券には絡んでいるが、そろって馬券になった年が一度もないので、来ないと思って押さえる程度にすべきだろう。中穴馬がしれっと馬券にからみ、さらに7番人気以下の穴馬が跳梁跋扈する厄介な傾向があるので、人気がないからと言って早々に切ってしまうのは禁物といえる。


 これを踏まえて「◎」は人気の盲点になりそうな7番シンシティとする。

 前走はアイビスSD。外枠から逃げを打って最後に勝ったビリーバーに交わされ2着に終わった。

 元々はダートのスプリント戦が主戦場だった馬だが、成績が頭打ちになってきたところで芝へ。韋駄天S(OP)を使ったら意外に走ったので、重賞のアイビスSDへ出走を決めた結果またも好成績だった、というのがこの馬の現状と言える。

 父サウスヴィグラスの産駒は圧倒的にダート馬が多く、延べの勝ち星もダート約600勝に対して芝はわずか18勝という極端な偏りを見せている。したがって、この馬がダートを使われてきたのはごく当然の流れだったわけだが、母系は芝向きに出たこともあり、これが父の産駒にして初めて芝重賞での連対を果たした原因になったとも言える。

 ダート出身ながら、アイビスSDでは54秒台の標準的なタイムで走破しており、潜在的なスピードには確かなものがある。距離自体はもともとスプリント戦を使われてきたので問題ないはず。加えて前走重賞2着だったにもかかわらず1kg減と恵まれたことも大きい。千直に続いて芝のスプリント戦でも一発ある可能性は十分だ。

【北九州記念(G3)予想】ナムラクレア・アネゴハダは切り!前走データから拾った「走り頃」の穴馬で10万馬券を狙う!の画像2
タイセイビジョン

「○」は人気しそうだが、3番のタイセイビジョンを挙げたい。

 前走はCBC賞で、後方待機策を採って直線で猛然と追い込んだが前が止まらず2着になった。

 CBC賞の予想でもこの馬に印を打ったが、近5走の充実振りはやはり目を見張るものがあり、重賞勝ちこそないが前走2着、5走前の京阪杯(G3)2着と好走している。前走は勝った馬の斤量が軽すぎた。ハンデ差9kgでは斤量差に泣いたといえよう。

 難があるとすれば陣営も指摘しているが、この脚質にある。どうしても前で控えて抜け出すという競馬ができず、後方待機になってしまう。展開がハマれば豪快な差し切りを見せられるのだが、往々にして差して届かずになりがちだ。このレースは前に残りやすい傾向はあるが、一方で前が速すぎて自滅し、差し馬天国になった年もあるので、一概に後方待機にチャンスがないとは言い切れない。

 軽ハンデの馬が来やすい印象はあるが、57kgがそれほどに不利になるというわけでもなく、現在の充実した状態であれば勝ち負けまであると見て押さえたい。

【北九州記念(G3)予想】ナムラクレア・アネゴハダは余裕の切り!前走データから拾った「走り頃」の穴馬で10万馬券を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合