NEW

JRA横山和生「指示無視」英才教育でジャックドール弟が菊花賞(G1)へ急浮上!? 故・タイキシャトルが贈った1/365の奇跡

【この記事のキーワード】, ,

JRA横山和生「指示無視」英才教育でジャックドール弟が菊花賞(G1)へ急浮上!? 故・タイキシャトルが贈った1/365の奇跡の画像1

 20日、札幌競馬場で行われた札幌日刊スポーツ杯(2勝クラス)は、1番人気のディナースタ(牡3歳、栗東・辻野泰之厩舎)が勝利。兄に今週の札幌記念(G2)出走を控えるジャックドールを持つ良血馬が、秋の菊花賞(G1)へ名乗りを上げた。

「苦しい戦いになるだろうと感じていました」

 レース前に行われた返し馬で、ディナースタと馬場の感触を確かめた横山和生騎手は「間違いなくプラスには働かない」と重くなった(発表は稍重)札幌の馬場に敗戦まで覚悟していたという。

 しかし、相棒がレースで見せたパフォーマンスは、いい意味で主戦騎手の予想を裏切った。

 14頭立てで行われた芝2600mの長丁場は、スタート直後にナオミラフィネが躓いて斎藤新騎手が落馬する波乱の幕開けだった。課題のスタートを決めたディナースタは、無理せず中団やや後方からの競馬。同条件を勝ち切った前走同様、しっかりと折り合いもついていた。

 そんな落ち着いた走りができるからこそ、あれだけのまくりが打てるのだろうか。向正面で外に持ち出されたディナースタは早めの進出を開始。一気に先頭へ躍り出ると、そのまま後続を振り切って2連勝を飾っている。

「非常に内容のある競馬だったと思います。発表こそ稍重ですが、今年の札幌は元々が時計の掛かる重めの馬場だけに2600mの長丁場ともなれば、相当なスタミナが要求されたはずです。それを向正面から先頭に立って押し切ってしまうのですから、ディナースタにステイヤーとしての高い資質を感じずにはいられません。

印象的だったのは、横山和騎手が初めてディナースタの手綱を取った4月の未勝利戦。実は陣営から先行するよう指示が出ていたのですが、返し馬の感触を重視した横山和騎手はあえて中団やや後方からの競馬。見事に勝ち切った後には『長くいい脚を使えそうなイメージだったので(あのような競馬になった)。イメージ通りの競馬ができた』とかなりの好感触を得た様子でした。

そこから主戦に定着した横山和騎手ですが、一貫して後方から早めに進出するまくりの競馬をしていますが、ここに来ての連勝は“英才教育”の賜物でしょう。主戦騎手も(辻野)調教師も口をそろえて『良くなるのは来年以降』と言っていますが、これで2勝クラスを突破した以上、まずは秋の菊花賞(G1)で見たい馬です」(競馬記者)

 記者がそう期待するのも当然か。菊花賞といえば、古くから強烈なまくりを決めた馬が活躍しているレース。折り合いに不安がない分、道中で自在に動ける馬が好成績を残しているのは、長丁場のレースにおいて顕著な傾向でもある。ましてやディナースタは、昨年の菊花賞を5馬身差で圧勝したタイトルホルダーと同じドゥラメンテ産駒である。

故・タイキシャトルが贈った1/365の奇跡

「いいものを持っているのは再確認できた。もっと体とか気持ちが完成してくるのは、先々という感じがあります」

 先日他界した名マイラーに敬意を表し「タイキシャトル追悼競走」と副題が付いた今年の札幌日刊スポーツ杯。実は横山和騎手の誕生日3月23日は、先日他界したタイキシャトルと同じ。横山和騎手が生まれたちょうど1年後にタイキシャトルが生を受けた間柄だ。

 レース後に掛かった虹は、まるで人馬の今後の吉兆を告げているかのようだった。

銀シャリ松岡

〈著者プロフィール〉

天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRA横山和生「指示無視」英才教育でジャックドール弟が菊花賞(G1)へ急浮上!? 故・タイキシャトルが贈った1/365の奇跡のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  3. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  4. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  5. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  9. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  10. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」