NEW

【新潟2歳S(G3)展望】2戦合計「21馬身差」笠松の怪物はオグリキャップの再来?

【新潟2歳S(G3)展望】2戦合計「21馬身差」笠松の怪物はオグリキャップの再来?の画像1

 28日、新潟競馬場では新潟2歳S(G3)が行われる。施行距離が新潟外回りの1600mになった2002年以降の過去20頭の勝ち馬を見ると、前走距離別成績に大きな偏りがある。まずはそこからひもといてみよう。

【新潟2歳S前走距離別成績、2002年以降】

~1200m 0-3-4-64
1400m  10-5-5-101
1600m  10-8-8-53
1800m  0-4-3-41
※他に1700mが0-0-0-1

 勝ち馬20頭は全て前走1400mもしくは1600mを走っていた馬で、1200m以下からの距離延長組、もしくは距離短縮組は1頭も勝っていないことがわかる。このデータを踏まえた上で、今年の新潟2歳Sを展望していきたい。

 まず注目したいのが、前走1400mを走っていたロードディフィート(牡2歳、美浦・和田勇介厩舎)だ。

 父は新種牡馬のデクラレーションオブウォーで、6月第1週の東京芝1400mで岩田望来騎手を背にデビュー。その時は7番人気だったが、クラックオブドーンの2着に好走した。そこから中1週で挑んだ同コースの未勝利戦で今度はC.ルメール騎手を背に1番人気に応えて完勝している。

 過去2戦はどちらも2番手から競馬を進め、直線で長くいい脚を使っての好走。同じく直線が長い左回りの新潟なら、この経験は大いに生きるだろう。

 前走から2か月半ほど空けての一戦となる今回は再び鞍上が変更。手綱を取るのは2015年にロードクエストで当レースを勝利している田辺裕信騎手だ。同じ“ロード”の馬を7年ぶりに新潟2歳王者に導くことはできるか。

 ロードディフィートと同じく前走1400mを走ったスタンレー(牡2歳、美浦・小野次郎厩舎)も注目の存在。こちらは2戦2勝の戦績だが、いずれの勝利も地方・笠松のダートで挙げている。

 デビューしたのは6月の笠松ダート800m戦だった。スピードの違いでハナを切ると、他馬を寄せ付けず7馬身差の圧勝。ダート1400mが舞台となった続く2戦目は、道中2番手から4角で先頭に立つと最後は2着馬に2秒4差(約14馬身差)をつけて連勝を飾った。

 当然、芝は未知数となるが、2戦合計で約21馬身差をつけた能力は注目に値する。かつてオグリキャップを生んだ笠松から久々に大物誕生となるだろうか。

 前走1400m組と同じく過去20年で10勝しているのが前走1600m組。ただし、今年は該当馬がゼロの可能性もある。そこで前走1800m組にスポットを当ててみたい。

【新潟2歳S(G3)展望】2戦合計「21馬身差」笠松の怪物はオグリキャップの再来?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合