NEW

【キーンランドC(G3)展望】武豊×エイティーンガールがコンビ復活!相手は川田将雅×トウシンマカオか

【キーンランドC(G3)展望】「好相性」武豊×エイティーンガールがコンビ復活!相手は川田将雅×トウシンマカオかの画像1

 28日、札幌競馬場では電撃の6ハロン戦、キーンランドC(G3)が行われる。武豊騎手が過去2年の屈辱を晴らせるかに注目したい。

 2年前はダイアトニックで、昨年はメイケイエールで、ともに1番人気に支持されながら、馬券圏外に沈んだ武騎手。今年は2年前の当レース覇者エイティーンガール(牝6歳、栗東・飯田祐史厩舎)とのコンビで臨む。

 この人馬がコンビを組むのは実に2年8か月ぶり。前回は19年12月のファイナルS(3勝クラス)で、鞍上が見事な手綱さばきを見せ勝利に導いた。それ以前にも何度かコンビを組んでおり、コンビ通算成績が4戦2勝、2着1回なら相性抜群といっていいだろう。

 武騎手は過去2年の当レースで苦い思いをしているが、エイティーンガールは連覇を狙った昨年も7番人気ながらレイハリアにアタマ差の2着に頑張っている。6歳を迎えたが、昨年11月の京阪杯(G3)でも豪脚が炸裂しているように嵌ったときの破壊力に衰えはない。

 展開待ちの面はあるが、エイティーンガールにとっては「二度あることは三度ある」、武騎手にとっては「三度目の正直」で上位進出を目指す。武騎手は当レース初制覇となるか。

【キーンランドC(G3)展望】「好相性」武豊×エイティーンガールがコンビ復活!相手は川田将雅×トウシンマカオかの画像2
トウシンマカオ 撮影:Ruriko.I

 追い込み脚質のエイティーンガールに対し、自分で競馬をつくれるのはトウシンマカオ(牡3歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)だ。

 デビューから6戦すべてで戸崎圭太騎手が騎乗してきたが、前走のNHKマイルC(G1)8着という結果を受け、3か月半ぶりの今回は川田将雅騎手に乗り替わる。

 キャリア2戦目の京王杯2歳S(G2)で2着に好走するなど、早くから世代上位の短距離馬として活躍してきたトウシンマカオ。朝日杯FS(G1)は6着に敗れたが、続くクロッカスS(L)でプルパレイ以下に完勝した実力の持ち主だ。

 他馬より1kg重い57kgを背負ったファルコンS(G3)では、1番人気を裏切っての5着。続くNHKマイルCは6戦目にして初めてハナを切ったが、後続にマークされる形となり、直線伸びを欠いた。それでも勝ったダノンスコーピオンから0秒8差の8着に粘っており、古馬相手に斤量に恵まれる今回は大きなチャンスといえるだろう。

 今回は初の1200m戦となるが、1600mより1400mの方が成績は安定しており、一気の距離短縮がプラスに出る可能性もありそう。血統的にも1戦を除き1200mしか走ったことがないビッグアーサーが父なので、不安より期待の方が大きい。充実の3歳秋を迎えることになるかどうか、試金石の一戦となりそうだ。

 重賞で2戦続けて人気を裏切っているヴェントヴォーチェ(牡5歳、栗東・牧浦充徳厩舎)も“三度目の正直”に燃える。

 昨夏の函館で3勝クラスを突破後は、オープンとリステッドで好走を続けてきた。3走前の春雷S(L)でオープン昇級後の初勝利を飾ると、2走前の函館SS(G3)で重賞に初挑戦。この時は2番人気に支持されたが、前半3ハロン32秒台のハイペースに巻き込まれて7着に敗れていた。

 前走・アイビスSD(G3)でも外目の好枠に収まり1番人気に推されたが、結果は9着。この時も前半3ハロンが32秒3で流れるハイペースのなか「終始左に逃げていた」「他馬を気にするところが出てしまった」という福永祐一騎手のコメント通り、まったく自分の競馬ができなかった。

 ハイペースを2度経験し、慣れが見込める今回は大駆けなるか。鞍上には今回が初コンビとなるC.ルメール騎手を起用し、重賞制覇をもくろむ。

【キーンランドC(G3)展望】武豊×エイティーンガールがコンビ復活!相手は川田将雅×トウシンマカオかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合