NEW

2つの技術介入を搭載した「上級者御用達パチスロ」が6.5号機で再臨!!

2つの技術介入を搭載した「上級者御用達パチスロ」が6.5号機で再臨!!の画像1
カルミナチャンネルより

カルミナ6.5号機第1弾『パチスロ 魔法少女育成計画』発売

 台枠が「青(奇数設定)」ならば2コマ、「赤(偶数設定)」ならばビタ押しと、選べる2つの技術介入難易度を用意。新進気鋭のパチスロメーカー・カルミナはこのほど、最新タイトル『パチスロ 魔法少女育成計画』の発売を発表し、同時にティザーPVを公開した。導入は10月を予定しているという。

「魔法少女育成計画」とは遠藤浅蜊氏が原作、マルイノ氏がイラストを担当し、宝島社の「このライトノベルがすごい!文庫」から2012年に刊行された作品。以降、美しくも可愛いキャラクターデザインと、一般的な魔法少女のイメージとは不釣り合いな苛酷な描写、予測を裏切るストーリーなどが大きな話題を呼び、コミカライズ、ドラマCDといった様々なメディアミックスを経て、2016年10月には待望のTVアニメもされた。

 今年で発売から10周年を迎え、シリーズ累計売上は70万部を突破。現在も継続して刊行中で、多くのファンに愛され続けている。

「青」は2コマ「赤」はビタ押し「2つの技術介入」を搭載

2つの技術介入を搭載した「上級者御用達パチスロ」が6.5号機で再臨!!の画像2

 そんな人気作品をモチーフとし、同社初の6.5号機となる本機のスペックはA+ARTタイプで、ART「EPISODE ART」は1G純増約0.6枚(設定1)の完走型。消化中はボーナス中やART中に獲得したアイコンを参照して転落回避ナビが発生し、アイコンの獲得数が多ければ多いほどARTループに期待できる。

 また、ART中はアニメのストーリー展開でボーナス期待度が変化するほか、ART5連ごとに「戦闘狂BATTLE」突入のチャンスが到来。戦闘狂BATTLE中はバトル勝利で特化ゾーン「SURVIVAL RACE」へ突入し、突入後はボーナス+ARTストックが確定するばかりかアイコン大量獲得が見込める「超高確率状態」へ移行するので、ARTのロング継続へと繋がる可能性が高まる。

 肝心の技術介入はボーナス中やCZ「まほいくとらいある」中に発生し、いずれもカットイン発生時の「左リール白7絵柄」目押し成功がカギ。ボーナス中は技術介入成功でART突入のチャンスアップ、CZ中は技術介入成功でART初期ゲーム数が40Gor100Gとなるなど、2020年に登場した6号機『スナイパイ71』と同様、己の目押し力で勝負を有利に進めることができる。

 加えて、本機は原作が持つ二面性さながらの衝撃告知パターン「ネガポジフリーズ」、同社が誇るARENA筐体ならではの機能「ファヴコンシェルジュ」なども採用している。

 突如として発生する前者は通常時ならばボーナス、ボーナス中ならばART、ART中ならばSURVIVAL RACEが確定。一方の後者は下部液晶で通常時やボーナス中のポイント、技術介入の結果を説明してくれる機能で、目押し練習が可能なボーナス中はタイミングの細かい精度までチェックできるそうだ。

(C)2016 遠藤浅蜊・宝島社/まほいく(C)Carmina

2つの技術介入を搭載した「上級者御用達パチスロ」が6.5号機で再臨!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合