NEW

パチスロ6.5号機『新鬼武者2』〇〇狙いより有効なのは…

【この記事のキーワード】,

パチスロ6.5号機『新鬼武者2』〇〇狙いより有効なのは…の画像1

名機のの遺伝子を色濃く受け継いだ6.5号機

 大松のパチスロ「狙い目」紹介。今回は受け継がれし蒼き魂『パチスロ 新鬼武者2』について書いていきたい。

 本機は5号機で大人気となった『パチスロ 新鬼武者』の遺伝子を色濃く受け継いだ6.5号機。もちろん出玉制限が差枚数方式となっているので2400枚オーバーの出玉も一撃で獲得可能だ。

 AT「蒼剣ラッシュ」は純増約2枚のセット管理タイプとなっており、主にレア役で上乗せが発生。AT中には純増約4枚の疑似ボーナスも抽選している。

 出玉のキモは疑似ボーナスの連打と言っても過言ではない。ボーナス中はセット上乗せの抽選をしており、ボーナス後は必ず10G以上の上乗せとボーナス高確率状態となるため、連打するほと出玉とATのゲーム数が加速する。

 主にCZ「バッサリゾーン」からATを狙う仕様。小役を入賞させるほどATの期待度が上昇するゲーム性で、「祝」にたどり着くことができれば疑似ボーナスもゲットできる。

 先述の通り疑似ボーナスの連打がキモとなるため、ボーナスからスタートできれば大量出玉への大きなアドバンテージになることは間違いない。

 通常時は状態を上げてレア役でCZを射止めるタイプとなっている。もちろん強レア役ならば大チャンス。CZは約1/123と比較的に軽い印象だ。

「2パターンの狙い目」をご紹介!!

 本機の狙い目は「CZ狙い」がオススメだ。天井狙いも可能だが、恩恵がATのみとなる。天井のATでは疑似ボーナスからスタートするパターンが稀となるため獲得枚数が比較的少ないというデータも存在。もし天井を狙うならば「450G〜」が目安となるだろう。

 CZ狙いに関しては2パターンを提案したい。1つ目はCZ間天井333Gを狙う。この場合、おおよそ「CZ間200G」程度であれば期待値は充分と考えられる。

 2つ目は「高テーブル狙い」。CZにはテーブルが存在し、モードが高いほど期待度の高いCZが選ばれやすい。要は「高期待度のCZを狙う」というものだ。

 詳しく説明すれば、モードはA〜Dが存在し、Aは4の倍数、Bは3の倍数、Cは2の倍数、Dは毎回で期待度の高いテーブルが選ばれやすい。狙うべきはAである。

 つまり、直近3回が期待度の低いCZであれば次回は「良いCZになる可能性が高い」ということだ。

 サブ液晶をタッチすればCZ間のゲーム数や直近4回までのCZが履歴で確認可能。ここではCZがどの色でスタートしたかも確認でき、青スタートであれば期待度の低いCZだったと判断していいだろう。

 本機にチャレンジする際は参考にしていただきたい。

大松

〈著者プロフィール〉

4号機『大花火』でホールデビューし、『パチスロ北斗の拳』でドハマリ。6号機は『パチスロ モンスターハンター:ワールド™』がお気に入り。G&Eビジネススクール卒業後、プログラマーや事務職を経験。現在はライティング業務に従事する傍ら「パチスロガチ勢」として活動中。パチMAXでは主にハイエナ実戦記事や動画レビュー記事を担当。常に攻略情報に注目しており、「6号機でも勝てる」を心情に有益な情報を紹介中。

パチスロ6.5号機『新鬼武者2』〇〇狙いより有効なのは…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合