NEW

たった2か月で驚愕の「84勝」!? 世界最強馬・主戦が打ち立てた金字塔が異次元級

たった2か月で驚愕の「84勝」!? 世界最強馬・主戦が打ち立てた金字塔が異次元級の画像1
撮影:Ruriko.I

 今週末、札幌競馬場では「2022ワールドオールスタージョッキーズ(以下WASJ)」が開催される。世界的名手たちが集い、2日間に渡って対象4レースでのポイントを競い合う「夏の祭典」だ。

 外国人騎手の中には、短期免許を取得して現在日本で騎乗している香港のC.ホー騎手や、過去にジャガーメイルとのコンビで天皇賞・春(G1)を制覇したオーストラリアのC.ウィリアムズ騎手などが参加する。

 迎え撃つ日本勢も武豊騎手、C.ルメール騎手、川田将雅騎手などのトップジョッキー達が参加。各々の成績も勿論だが、日本選抜vs世界選抜という観点でみても面白い対決だろう。

 ところで「世界的名手」といえば、競馬ファンの多くはどのジョッキーを思い浮かべるだろうか。

 世界中のG1を計200勝以上しているイタリアのL.デットーリ騎手や、古くはシンボリクリスエスやゼンノロブロイなどに跨り日本のG1で何度も勝利しているフランスのO.ペリエ騎手などは、競馬ファンなら誰もが一度は耳にしたことがあろう名手である。

 また、日本人ならレジェンド武豊騎手をはじめ、昨年ラヴズオンリーユーとのコンビでBC制覇を成し遂げた川田騎手などもいる。いずれも世界を股にかけた活躍が光るトップジョッキー達だ。

たった2か月で驚愕の「84勝」!?

 そんな世界的名手のなかでも、今から6年前にたった2か月で驚愕の「84勝」を挙げたジョッキーがいるのをご存じだろうか。それはイギリスのJ.クローリー騎手である。

 その名を聞いてピンときた方もいるかもしれない。何故ならクローリー騎手は、先月27日に日本馬のバスラットレオンが出走したサセックスS(G1)を制し、現在無傷の10連勝中で「ロンジン・ワールド・ベストレースホース・ランキング」でも1位(日本のタイトルホルダーは5位)に位置付けられているバーイードの主戦を務めているからだ。

 元々は障害騎手だった異色の経歴を持つクローリー騎手。2006年に平地の騎手に転向した後もG1勝利などはあったが、世界中から大注目を浴びるような存在ではなかった。

 そんななか、世界が驚くような大活躍をみせたのが2016年だった。

たった2か月で驚愕の「84勝」!? 世界最強馬・主戦が打ち立てた金字塔が異次元級のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合