NEW

「勝率0.7%」の絶望……古川奈穂ついに矢作芳人調教師から“戦力外扱い”の危機!?

【この記事のキーワード】, ,
「勝率0.7%」の絶望……古川奈穂ついに矢作芳人調教師から戦力外扱いの危機!?の画像1
古川奈穂騎手

 今村聖奈騎手の活躍で何かと話題の女性騎手。現在JRAに所属しているのは、ルーキー今村騎手以外に7年目の藤田菜七子騎手、そしてともに2年目の古川奈穂騎手と永島まなみ騎手の4人がいる。

 このうち調教師リーディング争いの常連、矢作芳人厩舎に所属するというストロングポイントを武器にしてきたのが21歳の古川奈騎手だ。

 永島騎手とは同期だが、年齢は2歳上の古川奈騎手。都内有数の進学校・広尾学園に通っていたが、高校1年の時に中退し、競馬学校に飛び込んだ。

 乗馬もほぼ未経験だったという古川奈騎手。競馬学校在籍時には左肩を負傷し、1年留年も味わっている。

 苦労の末、21年3月に騎手としてデビュー。2週目に初勝利を挙げると、最初の月にいきなり4勝を挙げる順調な滑り出しを見せた。ところが翌月にも2勝を加えた古川奈騎手を待ち受けていたのは左肩の違和感だった。

 同期が次々と勝利数を伸ばしていく中、古川奈騎手は治療に専念。5月には骨移植によって肩関節の接続を強化するという手術を受け、長期の戦線離脱を余儀なくされた。

 復帰を果たしたのは手術から5か月後の10月だった。復帰初戦で落馬というアクシデントはあったが、翌11月に久々の勝利も味わった。復帰後は3か月間で1勝に終わった古川奈騎手だが、年が明けてから4月までは毎月1勝ずつを挙げていた。

矢作芳人調教師から“戦力外扱い”の危機!?

 5月は未勝利に終わったが、北海道に滞在した6月と7月は2勝ずつをマーク。ようやくエンジンがかかってきたところだったが、8月は先週末時点でわずか13鞍の騎乗で、未勝利と再び低迷。これは矢作厩舎に所有馬を預けている有力馬主の信頼を失いつつあることが一因になっているかもしれないという。
 
「古川奈騎手はJRAで通算15勝していますが、うち14勝が自厩舎の馬で挙げたもの。つまり矢作厩舎以外からは騎乗依頼があっても、馬の質は決して高くないということです。ちなみに、矢作厩舎以外の馬では通算141戦1勝(勝率0.7%)という絶望的な成績が残っています。

そんななか、自厩舎の馬への騎乗機会も徐々に減ってきているのが実情です。デビュー以来、毎月10鞍前後は自厩舎の馬の騎乗していた古川奈騎手ですが、今月は今のところ3鞍のみ。矢作調教師が見切りをつけようとしているのか、それとも騎手起用の最終的な権限を持つオーナーの意向が大きいのか……」(競馬誌ライター)

「勝率0.7%」の絶望……古川奈穂ついに矢作芳人調教師から“戦力外扱い”の危機!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合