NEW

ハープスターの衝撃から9年、昨年セリフォスを輩出も…新潟2歳Sが直面する危機

ハープスターの衝撃から9年、昨年セリフォスを輩出も…新潟2歳Sが直面する大ピンチの画像1
セリフォス 撮影:Ruriko.I

 28日、新潟競馬場では2歳世代最初のマイル重賞・新潟2歳S(G3)が行われる。

 昨年はセリフォスがこのレースで重賞初制覇を成し遂げると、つづくデイリー杯2歳S(G2)も勝ってデビューから3連勝。その後は勝ち鞍こそないものの、朝日杯FS(G1)は2着、NHKマイルC(G1)が4着で、安田記念(G1)でも古馬の強豪にまじって4着と、マイル界の新星として活躍を見せている。

 この他にも、2018年の勝ち馬・ケイデンスコールは翌年のNHKマイルCで2着に入り、2015年の勝ち馬・ロードクエストも翌年のNHKマイルCで2着。さらに2013年の勝ち馬はハープスターで、こちらは翌春に桜花賞(G1)を制し、オークス(G1)でもクビ差2着と、数々のスターを輩出している注目の一戦である。

 今年も7月30日に同舞台で行われた新馬戦を快勝したリバティアイランドという大物候補の参戦が注目を集めていたが、8月12日に出走の見送りを表明。一度は入厩して調教も行っていたが、一旦放牧に出て秋に向けた調整を行っていくという。

新潟2歳Sが直面する危機とは…

 これにより、今年の登録馬は現段階で11頭。うち1頭は地方馬で、さらに未勝利馬も1頭。新馬戦を勝ってここに臨む馬も4頭しかおらず、それも1頭は福島のダート1150m戦での勝利という異質なメンバー構成となっている。

 かつては6月の東京や阪神といった早い段階で新馬戦を勝ち上がった期待株が、このレースで賞金を加算し、そこからローテーションを逆算して3歳春の大舞台を目指していくというのが主流だった。

 しかし、リバティアイランドを管理する中内田充正厩舎が「まだ成長途上。前走速い時計で走って、続けて同じような負担がかかると今後に響く可能性もある。大事に進めたい」と回避について語ったように、まだ成長しきっていない段階で夏の間に2戦使うことを避けるケースも多々見られるようになった。

 特に近年の酷暑は競走馬に与える影響も大きく、馬主や調教師がこの時期に無理することを敬遠する流れが広まっている。

 また、その流れに拍車をかけるのが、3年ぶりの開催となる「ワールドオールスタージョッキーズ」(以下、WASJ)の存在だ。

 今年は8月27日と28日の2日間にわたって行われるジョッキーたちの祭典。外国騎手と地方競馬代表騎手による「WAS選抜」とJRA代表騎手による「JRA選抜」の2チームが、各レースの順位によって得られるポイントを競う対抗戦である。

ハープスターの衝撃から9年、昨年セリフォスを輩出も…新潟2歳Sが直面する危機のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合