NEW

「ライブとパチスロ、どっちが仕事?」と思ったことも…5号機で一番ハマったのは予想外のマシン!?【dustbox「ジョージとユウキのリズムDE 777」Vol.03】

【この記事のキーワード】, , , , ,

「ライブとパチスロ、どっちが仕事?」と思ったことも…5号機で一番ハマったのは予想外のマシン!?【dustbox「ジョージとユウキのリズムDE 777」Vol.03】の画像1

dustbox「ジョージとユウキのリズムDE 777」Vol.03

 メロコアバンド「dustbox」のベーシスト・JOJIによる当企画も第3回目。今回は5号機初期の思い出と共に、パチスロ好きバンドマンならではのエピソードを語っていただいた。聞き手はお馴染みの濱マモルが担当した。
〇〇〇
濱「第2回でYU-KI君が『沖ドキ!』や『バジリスク~甲賀忍法帖~絆~』にハマったって話をしてましたが、JOJI君が5号機で一番ハマった機種ってなんですか?」

JOJI「それ、この企画が決まってからずっと考えてたんですよね。でも、機種の数が膨大すぎて分かんないんですよ」

濱「まぁ時代にして15年、1,400機種以上ありますからね」

JOJI「で、思い浮かんだのが『GTO』だったんですよ」

濱「おおー、2007年に登場したビスティの台ですね。チェリーで3GのプチRTへ突入するノーマルタイプの。原作が好きなんですか?」

JOJI「いや、そんなことはないんですけど…。ホント、最初の方の台ですよね。サブリールみたいなのがあって。なぜかすごい好きでハマっちゃってハマっちゃって」

濱「通常のリール部分が液晶で、その液晶上部に小さいメインリールがあるんですよね、たしか」

JOJI「そうです、そうです。なんか、あの感じが好きで…。パッと思い浮かんだのがこれだったんで、相当好きだったんでしょうね」

濱「4号機の『カイジ』もそんな感じでしたよね。メーカーはロデオなんで他社ですけど」

JOJI「カイジもめっちゃ打ってました。『じゃじゃーん!』っすよね」

濱「懐かしい! そんな掛け声で始まる演出がありましたよね。まぁカイジはともかく、今の6号機もいろんなシステムのマシンが出ているように、5号機初期は各メーカーが手探り状態といいますか、いろんなシステムのマシンがデビューしましたよね」

JOJI「その当時の試行錯誤してる、頑張ってるって感じがいいんですよ。ルパンとかも好きでしたし」

濱「『俺の名はルパン三世』ですね、平和ブロスの」

JOJI「演出がカクカクしてんなぁとか、(RTが)全然増えねぇなぁとか、そういうのが好きでしたよ」

濱「わはははは。ポリゴンって言うんですかね、たしかに初代北斗みたいな液晶でしたよね」

「ライブとパチスロ、どっちが仕事?」と思ったことも…5号機で一番ハマったのは予想外のマシン!?【dustbox「ジョージとユウキのリズムDE 777」Vol.03】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合