NEW

今村聖奈VS永島まなみの女性騎手対決!軍配が上がった永島騎手に「意外な」好走傾向を発見

【この記事のキーワード】, ,
今村聖奈VS永島まなみの女性騎手対決!軍配が上がった永島騎手に「意外な」好走傾向を発見の画像1
今村聖奈騎手

 24日、園田競馬場にてJRA交流競走・藻川特別が開催された。

 よくある地方のJRA交流競走ではあるが、このレースでは永島まなみ今村聖奈の女性両騎手が参戦し、地方で今をときめくJRA女性騎手同士の戦いを見ることができた。

 戦前の評価では1番人気が今村騎手のピエトラサンタ。中央デビューで2戦したあと名古屋競馬へ転籍し、連勝して再度中央へ戻ってきた出戻り組。これだけ見ると地味なこと極まりないが、所属は栗東の友道康夫厩舎、馬主は金子真人氏で19年のセレクトセールで2億2680万円(税込み)で取引された高額馬。華のある馬に勢いのある今村騎手が騎乗しており、人気になったのもむべなるかなと。

 ダート1400mで行われたレースは、2番人気のJRA勢ニホンピロオーセンがハナを主張してレースを引っ張る格好に。ハナを譲った2番手に地方馬、続く3番手に永島騎手のスエヒロヴァン、永島騎手と同期の小沢大仁騎手のクリノニキータがその後ろにつける格好で直線に。最後はニホンピロオーセンが引き離す一方で、3番手の永島騎手が粘り、外からクリノニキータが豪快に追い込んでJRA勢のワンツースリーで決着した。

 注目の今村騎手は中団より後方に待機していたものの、直線では行った行ったの展開になった結果、大きく離されての5着。女性騎手対決は1年先輩の永島騎手に軍配が上がった格好となった。

今村聖奈VS永島まなみの女性騎手対決!軍配が上がった永島騎手に「意外な」好走傾向を発見の画像2
永島まなみ騎手

永島騎手に「意外な」好走傾向を発見

 地方で先輩の意地を見せた永島騎手だが、今年2年目で通算16勝。今年に限って言えば9勝を挙げており、昨年の7勝をすでに上回っている。永島騎手に関しては「極端に偏った傾向」があることがわかった。

 まず、ひとつ目はダート戦に強いこと。

 そもそも騎乗数そのものが芝189回に対してダートは倍近い305戦とダートに偏っていることもあるのだが、芝の通算【4-4-6-175】に対して、ダートは【12-10-12-271】で勝率はさほど変わらない。

 しかし、連対率が芝の4.2%に対してダートは7.2%、複勝率が芝の7.4%に対してダートは11.1%とダート戦に強いことがうかがえる。実際、今回もダート戦で人気薄ながら3着に持ってくる騎乗を見せた。

 そのせいもあってか、距離でいうと1150m戦と福島のダートにしか存在しない距離に滅法強く【3-1-0-5】で勝率33.3%、連対率・複勝率44.4%とかなり高い数字を示している。ついでマイル戦では勝率7.1%、連対率・複勝率14.3%、同じくダートだけの1700m戦でも勝率・連対率6.5%、複勝率8.1%と悪くない数字が残っている。

 道中の位置取りにも偏りがある。

 逃げる競馬をした場合、【7-1-3-34】と全勝利のうち半分弱を占め、勝率15.6%、連対率17.8%、複勝率24.4%と、高い確率で馬券になっていることがわかる。先行した場合も勝率こそ4.6%に留まるが、連対率12.3%、複勝率21.5%とこちらも高い数字を示している。今回のレースも3番手からの競馬で粘りきってみせた。

今村聖奈VS永島まなみの女性騎手対決!軍配が上がった永島騎手に「意外な」好走傾向を発見のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合