NEW

武豊、福永祐一、川田将雅も果たせなかった快挙達成へ!JRA現役騎手ではたった2人のみ、WASJの記録にあのジョッキーが挑戦

武豊、福永祐一、川田将雅も果たせなかった快挙達成へ!JRA現役騎手ではたった2人のみ、WASJの記録にあのジョッキーが挑戦の画像1

 今週末、札幌競馬場では「2022ワールドオールスタージョッキーズ(以下WASJ)」が開催される。

 WASJは前身の「ワールドスーパージョッキーズシリーズ(以下WSJS)」から合わせて34回目を迎える歴史あるイベント。選出された各国のトップジョッキーたちが、2日間に渡って対象4レースでのポイントを競い合う。

 招待された外国人騎手の中には、短期免許を取得して現在日本で騎乗している香港のC.ホー騎手や、過去にジャガーメイルとのコンビで天皇賞・春(G1)を制覇したオーストラリアのC.ウィリアムズ騎手などがいる。

 前回参加した女性騎手の藤田菜七子騎手やM.ミシェル騎手に続き、2019年にフランスで初の女性騎手リーディングに輝いたC.パコー騎手が参加することも大きな注目を集めそうだ。

 JRAからは武豊騎手、C.ルメール騎手、川田将雅騎手などお馴染みのトップジョッキーが選出されており、3年ぶりに開催される騎手の祭典で世界的名手たちと戦う姿を楽しみにしているファンも多いのではないだろうか。

 そんななか、今回のWASJに記念すべき初出場となったのが横山武史騎手と、松山弘平騎手だ。

武豊、福永祐一、川田将雅も果たせなかった快挙達成へ!JRA現役騎手ではたった2人のみ、WASJの記録にあのジョッキーが挑戦の画像2
横山武史騎手

 横山武騎手は「6月終了時の関東リーディングトップ」として選出。昨年はエフフォーリアとのコンビで競馬界を席巻し、G1レース5勝やキャリア初の年間100勝を達成するなど大ブレイクを果たした。

 21日終了時点で88勝を挙げており、全国リーディングで川田騎手(103勝)に次ぐ2位につける活躍ぶり。名手・横山典弘騎手を父に持つ、23歳の若き天才である。

 一方の松山騎手は、2年前に「デアリングタクトとのコンビで牝馬三冠を制覇」したことが顕著な活躍と認められ選出。全国リーディングで2020年4位、2021年3位と近年の成長ぶりには目を見張るものがある。

 今年は3月に落馬負傷した影響もあり、昨年の同時期に比べ勝利数(82勝→68勝)こそ劣るものの、2週前には小倉記念(G3)をマリアエレーナで制するなど重賞5勝を挙げる大活躍。両騎手ともに、日本を代表するトップジョッキーであることは間違いない。

武豊、福永祐一、川田将雅も果たせなかった快挙達成へ!JRA現役騎手ではたった2人のみ、WASJの記録にあのジョッキーが挑戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光