NEW

わずか5勝の新人が今村聖奈以上の出世街道!? 鬼に金棒の「ルールの抜け道」でライバル騎手から悲鳴

【この記事のキーワード】, ,
わずか「5勝」の新人が今村聖奈以上の出世街道!? 鬼に金棒の「ルールの抜け道」でライバル騎手から悲鳴の画像1
今村聖奈騎手

 今年話題のルーキーと言えば、何と言っても今村聖奈騎手だろう。

 ここまで32勝を挙げ、新人王争いでも堂々のトップ。重賞初騎乗初勝利を挙げ、すでにG1騎乗の31勝をクリアするなど、秋競馬でも大注目のジョッキーだ。

わずか「5勝」の新人の出世街道!?

 そんなスーパールーキーの陰に隠れる形になってはいるものの今後、数年以内に間違いなく注目を集めるであろう大型新人がいる。小牧加矢太騎手だ。

 ここまでわずか5勝と、新人王争いという点では大きく後れを取っているが、周囲からはその騎乗技術を絶賛する声が後を絶たない。何故なら小牧加騎手の5勝は、すべて障害レースで挙げたものだからだ。

 例えば、毎週のように活躍が報じられている今村騎手だが、新人は3月スタートということもあってリーディングでいえば29位と決してトップジョッキーに肩を並べているわけではない。その点、小牧加騎手は障害リーディングで現在8位と大健闘している。

 開催1日に1鞍か2鞍程度しかない障害レースだけに、どうしても1勝が貴重なものになるが、昨年障害リーディングに輝いた森一馬騎手が10勝だったといえば、如何に小牧加騎手の5勝が新人離れしているのか伝わるかもしれない。

 さらに3着以内率では、現在10勝を挙げて障害リーディングを快走している石神深一騎手の48%に次ぐ42%と、新人らしからぬ抜群の安定感。JRAでデビューする以前は全日本障害馬術大会で優勝するなど、アマチュア障害の頂点に立っていた人物だけにJRAでも今後の障害界を背負って立つ可能性は大いに期待できそうだ。

「園田からJRA入りした名手・小牧太騎手の息子として知られている小牧加騎手ですが、新人騎手としては史上初めて、競馬学校を経ずにJRAデビューを果たした経緯があります。

ただ、本来なら競馬学校で学ぶはずの『レース』の経験がまったくない上に、ゲート練習すら数えるほどでデビュー。当初は4戦して2度も落馬するなど、周囲をハラハラさせていました。

しかし、そこからの成長はやはり目を見張るものがあります。最後の勝負どころで馬を追うフォームはまだぎこちなさを感じますが、同期の今村騎手と同じように川田将雅騎手や福永祐一騎手にアドバイスを求めたり、先日は同い年の坂井瑠星騎手(小牧加騎手は25歳)からアブミを短くするようにアドバイスをもらっていたらしいです。

すでにルーキーとは思えない騎乗ぶりですし、単純に馬に乗るのが上手なのでレースだけでなく、調教も結構頼まれてますよ。間違いなく、今後の障害リーディングを争っていく存在になると思います」(競馬記者)

わずか5勝の新人が今村聖奈以上の出世街道!? 鬼に金棒の「ルールの抜け道」でライバル騎手から悲鳴のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合