NEW

パチンコ「波の激しい名作」…夢に出てくる不気味な演出が魅力!?

【この記事のキーワード】,

パチンコ「波の激しい名作」…夢に出てくる不気味な演出が魅力!?の画像1

寿司屋が舞台の時短パチンコ機⁉

 皆さんは、パチンコメーカーの「銀座」をご存じですか? 実はかなり老舗の遊技機メーカーなのです。

 現在のメーカー「銀座」は、大手遊技機メーカー「サミー」のブランドとして残っています。似たようなブランドは「タイヨーエレック」も同じです。どちらもブランドとして残っていても、例えばパチンコ遊技機の筐体が「サミー」と共同ですので、「銀座」から発表しても見た目ではわかりません。

 そんな老舗メーカーのぱちんこ遊技機の中で、かなりマニアックな機種がありました。何だか変な機種で、記憶に残っています。その機種は、同メーカー単独でおそらく液晶初搭載だったかもしれません。

 1998年に発表された現金時短機『寿司大王6』です。兄弟機に『寿司大王5EX』がありましたが、前者がメインで発表されていました。私が実際に打った機種も前者です。

『寿司大王6』のスペックは以下の通りです。

 大当り確率は233分の1。機種名から寿司をモチーフにしていて、中出目によって出玉と時短の有無が異なります。中出目に寿司2個で出玉が2,300発と次回まで時短、寿司1個で出玉700発と時短なしです。時短突入率と継続率は、どちらも50パーセントです。

どこが変でマニアックな機種だったのか?

 普通のぱちんこ遊技機は「ブッコミ」を狙って打ち込みますが、同機は始めから「天釘」辺りを狙って打つようなゲージ設計になっていました。ただし時短中は、ヘソ下に電チューがありました。

 私の記憶では、普通にブッコミを狙っても始めからヘソに入りづらい流れになっていたと思います。確か天釘辺りに矢印が盤面に記し、そこのワープ入口みたいなところに入って、現在よくある画面前のステージみたいに玉が流れてヘソに導かれる感じでした。

 現在ならば、sansei R&Dの機種で『P牙狼コレクション』や『P笑点』のような「サンセイAタイプパチンコ」みたいな打ち方の印象でしょう。

パチンコ「波の激しい名作」…夢に出てくる不気味な演出が魅力!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合