NEW

時短「10,000回」搭載…パチンコ『牙狼』シリーズ最新作が始動!!

【この記事のキーワード】, ,

時短「10,000回」搭載…パチンコ『牙狼』シリーズ最新作が始動!!の画像1

『牙狼』シリーズから始まった「サンセイAタイプパチンコ」

 まるでボーナスタイプのパチスロを打っているかのような感覚を味わえる。サンセイR&Dが提唱した「サンセイAタイプパチンコ」第1弾の『P牙狼コレクション』は2019年11月に登場した。

CR牙狼魔戒閃騎鋼』『CR牙狼FINAL』『CR牙狼金色になれ』と3つのタイトルを融合させた本機は、「ヘソ革命」と題して超ドデカスタートを搭載。ヘソの広さは通常の約1.5倍(同社比)で、保留7個目以上で突入する「速ZONE」中は1.2秒変動となることから「時速600回転」とパチスロ並みの回転力を実現している。

 ボーナスは10Rのビッグ、3RのREG、GARO牙チャボーナスの3種類で、REGからビッグへの昇格もあり。GARO牙チャボーナスは2Ror10Rの自力昇格型ボーナスで、アタッカー入賞でカプセル獲得→カプセルの中身で出玉期待度や設定が示唆される。

 大当り時は50%でビッグ、43%でREG、7%でGARO牙チャボーナスに振り分け。大当り後は、約20%で50回の隠れST状態へ突入する。

 また、本機はパチスロを意識しているだけに6段階設定を採用しており、通常時の大当り確率は設定1:179.55分の1~設定6:129.77分の1。高確中の大当り確率は設定1:89.77分の1~設定6:64.88分の1となる。

 サンセイAタイプパチンコ第2弾の『P笑点 目指せ!座布団10枚』は、設定でボーナス比率が大きく変化する特徴を持ち、ビッグ確率は設定1:282.2分の1~設定6:231.9分の1、REG確率は設定1:426.0分の1~設定6:232.0分の1と、低設定ほどビッグ偏向。

ビッグは10R、REGは4Rと出玉に大きな差はあるものの、合算確率を見ると設定1:169.7分の1~設定6:115.9分の1と高設定は顕著に当りやすく、必然的に高設定ほど勝率はアップする。

 9月5日に導入を開始する『P牙狼MUSEUM』は、そんなサンセイAタイプパチンコの第3弾。「歴代『牙狼』(8機種)が集結」「時速600回転」「超ドデカS(スタート)」「速ZONE」といった魅力的な要素を有している。

『P牙狼MUSEUM』(サンセイR&D)

時短「10,000回」搭載…パチンコ『牙狼』シリーズ最新作が始動!!の画像2
公式HPより

■大当り確率
・設定1:1/319.68→1/68.62
・設定2:1/195.04→1/41.87
・設定3:1/187.24→1/40.20
・設定4:1/169.78→1/36.44
・設定5:1/159.84→1/34.31
・設定6:1/149.62→1/32.12
■賞球数:1&3&4&15
■カウント:10カウント
■ラウンド3Ror10R
〇〇〇

時短「10,000回」搭載…パチンコ『牙狼』シリーズ最新作が始動!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合